美容・健康に関する資格を8個保有するライター&コラムニストharakoが、日々の生活で気軽に取り入れることができる美容情報をご紹介する連載です。第3回目は、サプリメントアドバイザー・サプリメント管理士の視点から、サプリメントを活用する時によくあるNG摂取方法をまとめてみました。

食事にプラスαして、何かサプリを飲みたいけれど……。

【ちょこっと美容マメ知識】vol. 3

お肌や健康のために、サプリメントを食事の補助で飲んでみたい!という方も多いと思います。日本でサプリメントは「食品」の分類になるため、一般消費者の方が気軽に購入できる反面、どうやって選択したら良いか?または、飲み方は合っているのか?など、疑問が多く出るのも事実です。

そこで、今回は、サプリメントを飲む時や取り入れる時に、よくある間違った飲み方をまとめてみました。

薬じゃないし、お茶やコーヒーと一緒に飲んじゃう!

コーヒーや紅茶などで飲んでしまうと、タンニンという成分が鉄分の吸収を妨げると言われています。モーニングセットで、アイスコーヒーとお供に……! は避けたいところです。あとは、アルコールに関していえば、ビタミンB1、B2、C、ナイアシン、葉酸などのビタミンを消耗させてしまう可能性があるので、サプリメントを飲むときは、別にお水を用意しましょう。

また、水は水でもミネラルウォーターがいいでしょう。家に浄水器がついていなかったり、ミネラルウォーターを飲む習慣がなかったりすると、つい蛇口をひねって水道水でサプリメントを飲みたくなってしまいますが、水道水は一般的に塩素が含まれているため、サプリメントに含まれているビタミンの原型を崩してしまう可能性があるので注意が必要。塩素を飛ばす工夫として、レモンをお水に入れるのはオススメです。独特のニオイも飛ぶと思います。

Pointちょこっと美容マメ知識お水をたくさん飲むことで、サプリの吸収も体内もスッキリ。一石二鳥!

ビタミンCサプリだけを摂っています!

よく、単体のビタミンのみのサプリメントが売られていますが、特定のものを摂るより「日常的にとるベースの栄養素」が、ひとまとめになったような商品を選ぶのがオススメです。なぜなら、ビタミンは仲間同士で手を取り合うことで、力を発揮することが多いからです。

Pointちょこっと美容マメ知識複数のサプリメントが一緒になった、マルチサプリを利用してみよう。

寝ているときに効きそうだから、夜に飲むようにしています!

冒頭でもお話したように、サプリメントは「食品」と同じ扱いです。なので、「回数」や「時間」を決めることはできないため、基本的にはいつでも飲んでOKと位置付けることができます。水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンともに、食事と一緒に取ったほうが吸収率が高まると言われているので、ご飯を食べるときに一緒にお水で飲むことをオススメいたします。

しかし、水溶性ビタミンに関しては、2〜3時間ごとに体外へ排出されてしまうので、こまめに摂取するほうが良いですよ。

Pointちょこっと美容マメ知識サプリメントは、あくまでも「補助」。食事と一緒に、プラスαで活用しよう

気軽に購入できる反面、詳しい飲み方や知識がないと、ハードルが高い気がするのがサプリメントの印象ではないでしょうか。基本的な飲み方をマスターして、ぜひ、美肌サポートしてみてくださいね!

(C)Photobuay/Gettyimages(C)ronstik/Gettyimages(C)CentralITAlliance/Gettyimages