主審を侮辱したとして一発退場のヘルタ主将 独紙が読唇術で内容を解説

ざっくり言うと

  • ヘルタ・ベルリンのイビセビッチが23日、主審を侮辱したとして退場となった
  • 「彼に『それは酷い』と言ったが彼は『あんたはクソだ』と聞こえた」と反論
  • 独紙は読唇術を使い、イビセビッチは「それは酷い」と言っていたと主張した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング