初出場の杉田祐一はパビッチの途中棄権で2回戦へ [成都オープン]

写真拡大

「成都オープン」(中国・四川省成都/9月26日〜10月2日/賞金総額102万8885ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、第5シードの杉田祐一(三菱電機)が予選勝者のマテ・パビッチ(クロアチア)と対戦。杉田が第1セットを6-1で先取したあとにパビッチが棄権したため、杉田の勝ちが決まった。試合時間は21分。

 今大会に初出場となる杉田は、大会白星スタートとなった。両者は2015年6月にシュツットガルト(ATP250/グラスコート)の予選で初対戦しており、パビッチが6-7(3) 7-6(5) 6-4で勝っていた。

 杉田は2回戦で、チアゴ・モンテーロ(ブラジル)とワイルドカード(主催者推薦枠)のウー・イービン(中国)の勝者と対戦する。

 ソンチャット・ラティワタナ(タイ)とのペアでダブルスにもエントリーしている杉田は、初戦でルー・イェンシュン(台湾)/ディビジ・シャラン(インド)と対戦する予定となっている。

 そのほかの日本勢は、内山靖崇(北日本物産)と仁木拓人(三菱電機)が予選に出場していたが、いずれも1回戦で敗れていた。

 成都オープンはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Altは繰り上がり出場

◇   ◇   ◇

日本人選手予選結果

【予選1回戦】

●16内山靖崇(北日本物産)[5] 3-6 7-5 6-7(4) ○15マテ・パビッチ(クロアチア)[Alt]

●7仁木拓人(三菱電機)2-6 5-7 ○8マルコス・ギロン(アメリカ)[6]

------------------------

【上位出場選手シード順位(シングルス)】

ドミニク・ティーム(オーストリア)[1]
アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)[2]
カレン・カチャノフ(ロシア)[3]
アンドレイ・ルブレフ(ロシア)[4]

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「成都オープン」(中国・成都)で2回戦に進出した第5シードの杉田祐一(モントリオールの大会でのもの)
Photo:MONTREAL, QC - AUGUST 08: Yuichi Sugita of Japan looks on during his match against David Goffin of Belgium on day five of the Rogers Cup presented by National Bank at Uniprix Stadium on August 8, 2017 in Montreal, Quebec, Canada. (Photo by Minas Panagiotakis/Getty Images)