画像提供:マイナビニュース

写真拡大

SUBARUは25日、「第45回 東京モーターショー2017」に高度運転支援技術を搭載するスポーツセダンスタイル「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」をはじめ、「S208」「BRZ STI Sport」「XV FUN ADVENTURE CONCEPT」「インプレッサ FUTURE SPORT CONCEPT」といったコンセプトカーや市販車、スーパーGT参戦車両などを出展すると発表した。

「VIZIV(ヴィジヴ) PERFORMANCE CONCEPT」は、SUBARUの安心で愉しいクルマづくりの将来ビジョンを具現化したスポーツセダンタイプのコンセプトモデル。将来の自動運転技術普及期を見据え、アイサイトを核とした高度運転支援技術を搭載しており、そのボディを運転を積極的に愉しみたくなるスポーツセダンとすることでSUBARUらしい安心で愉しいドライビングの世界観を提示する。

「S208」は「WRX STI」をベースに、「Sシリーズ史上最高の性能と質感を実現した究極のドライビングカー」を実現すべく、SUBARUとSTIが共同してエンジンや足回りを専用開発し、外装・内装にも専用装備を追加したSUBARUハイパフォーマンスカーのトップエンドモデル。2015年に発売した「S207」に対して、エンジン出力・加速性能の向上やカーボンルーフの採用による低重心化などの改良を施している。450台の限定販売を予定しており、10月25日に車両仕様詳細とともに抽選販売方法についても発表する。

「BRZ STI Sport」は、「BRZ」が持つポテンシャルを最大限に引き出し、抜群の操縦安定性と素晴らしい乗り心地をさらに1つ上のレベルで両立するべく、SUBARUとSTIが共同開発した「BRZ」のカタログ最上級グレード。ボディ剛性向上や足回りの専用チューニングにより、ドライバーの意のままに動くハンドリング性能や「BRZ」最上級モデルにふさわしい上質な乗り味を実現している。特別外装色を施した「BRZ STI Sport クールグレーカーキ Edition」を100台限定で発売する予定で、10月25日に車両仕様詳細とともに抽選販売方法についても発表する。

その他にも、「レガシィ アウトバック」の最上級グレードが持つ上質感を生かしつつ機能的に仕上げた「レガシィ アウトバック Limited Smart Edition」、「XV」の特徴のひとつであるタフでラギッドなデザインを一層強調したデザインコンセプトモデル「XV FUN ADVENTURE CONCEPT」、「インプレッサ スポーツ」をベースにより気軽に運転を愉しみたくなる新しいスポーツ価値を提案するデザインコンセプトカー「インプレッサ FUTURE SPORT CONCEPT」、スーパーGT参戦車両「BRZ GT300」を出品する。

今年の東京モーターショーは東京ビッグサイトで10月25日から開催。一般公開は10月28日から11月5日までを予定している。SUBARUは「New SUBARU Story 〜モノをつくる会社から、笑顔をつくる会社へ〜」をコンセプトに、SUBARUブランドが提供する価値である「安心と愉しさ」の将来像や世界観を、出展車やブース全体を通じて表現する。