オランダリーグで24歳GKが”神セーブ”4連発 海外メディア称賛「ブッフォンに変身した」

写真拡大

スパルタの守護神コルツミットが驚異のセーブを連発し、大ピンチを無失点で切り抜ける

 オランダのエールディビジで、24歳のGKが約6秒間で4本のスーパーセーブを繰り出す“神業”を披露。

 海外メディアが「オランダのブッフォン」と称すなど大きく報じられ、脚光を浴びている。

 注目の的となったのは、スパルタ・ロッテルダムの守護神ロイ・コルツミットだ。

 リーグ戦第6節の敵地ADOデンハーグ戦、1点ビハインドで迎えた後半10分だった。ゴール前の混戦からこぼれたボールをADOのMFエリク・ファルケンブルフに強烈なシュートを放たれるも、コルツミットが鋭い反応でストップ。ここから驚異の“セーブ劇”が始まる。

 弾いたボールは再びファルケンブルフの下に転がり、DFの背後からシュートを打たれたが、脇下付近のボールをセーブ。さらにADOの選手が蹴ったボールが味方に当たり、コースが変わってゴールを襲ったが、ジャンプしながら両手のパンチングで弾き返した。こぼれ球に飛び込んできたADOのノルウェー代表FWビヨルン・ヨハンセンのヘディングシュートもセーブ。その後、味方がサイドラインに大きくクリアしてこのピンチを無失点で切り抜けた。

地元紙の選手採点でも試合最高の「7.5点」

 コルツミットは、小さく首を横に振りながら自分でも信じられないといった表情。シュート2本を連続して止められた相手のファルケンブルフは苦笑いで自陣に戻り、ADOのアルフォンス・フルネンダデイクもチャンスの連続がまさかの無得点に終わり、唖然とした表情だった。

 ドイツのテレビ局「RTL」は、「6秒弱の間に4つのスーパーセーブを行う」と動画付きで紹介。「コルツミットは自分のゴールを守るためにできることは全てやっていた」と報じた。クロアチア紙「24sata」は「驚異的なコルツミットはブッフォンに変身し、すべてのシュートを守った」とし、イタリア代表の名守護神ジャンルイジ・ブッフォンになぞらえて“オランダのブッフォン”と称賛。オランダ紙「AD」は選手採点で、この試合最高タイの「7.5点」を付けている。

 試合はスパルタが0-1で敗れてしまったが、コルツミットは“神セーブ”4連発でせめてもの意地を見せた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】FOXスポーツがツイッターで紹介したコルツミットの“神セーブ”4連発

FOXスポーツがツイッターで紹介したコルツミットの“神セーブ”4連発