200年前の漫画、ついに出版 北斎の肉筆未刊行画帖

写真拡大

 世界で愛されている江戸後期の浮世絵師、葛飾北斎。1814年に初編が刊行され、大ベストセラーとなった「北斎漫画」だが、実は未刊行のものが存在、河出書房新社(東京)から9月27日に出版されることになった。

 「北斎漫画」は、日本の漫画の元祖的存在。その自由自在な筆致は西洋画家に大きな衝撃を与え、印象派の誕生にもつながった。今回刊行される肉筆未刊行版は、江戸当時になぜか出版されず、原画のまま和綴じ製本された画帖が全ページ収録されている。世界有数の日本美術コレクションを誇るボストン美術館の収蔵庫で発見された。この通称「ボストン画帖」と呼ばれる3冊の画帖は、同館の学芸員セーラ・E・トンプソン氏たちによる調査の結果、北斎漫画の続編的企画として出版が予定されていた本の版下絵であることが推定され、昨年、詳細な解題・図版解説を付して、アメリカで初出版されている。

「北斎漫画[肉筆未刊行版]」

葛飾北斎 セーラ・E・トンプソン編 小林忠監訳 野間けい子訳

本体価格3,900円(税別)