セルタがエイバルを0-4で粉砕

写真拡大

リーガ第6節、エイバル対セルタの一戦がムニシパル・デ・イプルーアで日本時間25日深夜に行われ、エイバルはホームで0-4と完敗を喫した。
日本代表MFの乾貴士は先発出場を果たしたが、前半37分で早々に途中交代となっている。

前節、バルサに1-6と大敗したエイバルはホームで何としても勝ち点3を勝ち取りたかった。しかし、蓋を開けてみれば、セルタがゴールラッシュでエイバルを破り、エイバルは戦績を2勝4敗として16位にまで沈んでいる。

左サイドでスタメン出場した乾は、効果的な攻撃を仕掛けることができず、監督は前半37分にFWエンリッチ投入を決断した。しかし、この判断も状況を好転させることはなく、その1分後には3点目を決められている。

2試合連続で大敗を喫して10失点をしたエイバルは、次節10月1日18:30(日本時間2日1:30)にビジャレアルとアウェイで対戦する。