サウサンプトンの守備を牽引する吉田 photo/Getty Images

写真拡大

日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは23日、プレミアリーグ第6節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、0-1の惜敗を喫した。ただ、吉田はこの試合で大きな手応えを感じたようだ。

米『ESPN』などによると、インタビューに応じた吉田はマンU戦について「後半は僕らが支配していましたし、トップクラブを相手に何度か決定的な場面も作りました。ただ、小さなクオリティの差が、大きな違いにつながってしまったと思います」とコメント。そして「この結果を受け入れることは、本当に難しいです。昨季の終わりから得点もあまり取れていませんしね。僕が思うに、これがチームの問題点です」とチームの欠点を指摘しながらも「僕はちはより冷静にチームを分析しないといけませんが、守備面では昨季よりもはるかに優れています。やっていることは間違ってないと思いますよ」と述べている。

決勝点を許したロメル・ルカクについては「彼は本当にタフな選手です。ペナルティエリアへ侵入されたら、彼を止めるのは相当難しいと思いますよ。だから、僕たちはラインを押し上げ、エリアから遠ざけるようにしていました。ほとんどの時間で、それができていたと思います。ただ、それを実行できなかった1、2回のチャンスを彼は活かし、ゴールを奪いました」と話した。

さらに「多分、彼はら2つのチャンスで1つのゴールを奪った。これが彼らが上位にいる理由ですし、サウサンプトンとマンチェスター・ユナイテッドの差でもあると思います」と分析しつつ「ただ、上位チーム相手に今日のようにプレイしていけば、僕たちはシーズン中でもステンプアップすることができるはず。ポジション争いはタフですし、チームに結果をもたらすためにも、僕もパフォーマンスの向上に努めていきたいですね」と飛躍を誓っている。

サウサンプトンの守備の要として、チームに欠かせない存在となっている吉田。チームのためにも、日本代表のためにもさらなる成長を遂げてもらいたいものだ。