マルティノスは「クラブと協力して大好きな日本から差別的行為を無くしていきたい」とも語った。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

 J1の横浜が25日、MFマルティノスがSNSによる差別行為を受けた件に対し、神奈川県警に被害届を提出すると発表した。クラブによれば、差別的行為をした人物の特定には至っていないという。

 マルティノスは24日に自身のSNSで差別行為を受けたことを明かし、当該の差別的なSNS投稿のキャプチャー画像とともに「このような差別的な発言は絶対許せないし、非常に残念だと思っています」と怒りと憤りを訴えていた。さらに、25日には改めて、クラブの公式HP上で以下のようにコメントしている。
 
「このことを初めて知った時は、冗談だと思い、無視しようと思いました。しかし、冷静に考えた時、この問題は自分だけの問題ではなく、子供たちや、多くの人に関わる重要な問題だと思いました。このような悲しいことを、自分だけで終わらせる為にも、敢えて声をあげることにしました。僕は日本、マリノス、そしてサポーターが大好きです。その日本でこのようなことが起きたことは大変悲しいことですし、マリノスのサポーターの行為ではないことを心より願っています。クラブと協力して大好きな日本から差別的行為を無くしていきたいと強く思っています」