グアルディオラ監督、現在チームは首位も「まだまだ多くの改善点がある」

写真拡大

 マンチェスター・Cの指揮官を務めるジョゼップ・グアルディオラ監督が、現在のチーム状況について言及した。同日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 マンチェスター・Cは現在、プレミアリーグ第6節終了時で首位に立っている。ここ数試合は攻撃陣が大暴れしており、第4節のリヴァプール戦は5−0、第5節のワトフォード戦は6−0、第6節のクリスタル・パレス戦は5−0とリーグ戦直近3試合で16得点を記録している。

 そんな絶好調のチーム状況に見えるが、グアルディオラ監督は「前節のクリスタル・パレス戦は前半終了間際まで得点が奪えなかった。もっと早くに決めきれる場面があったにも関わらずだ。あのような試合内容は改善しなければならない。チームは今現在では多くの得点を記録しているが、危なげないパフォーマンスを見せてしまったことは事実だ。チームとして改善しなければならない点はまだまだあるよ」と冷静にコメント。チームの状況を分析した。

 マンチェスター・Cは30日、プレミアリーグ第7節でホームにチェルシーを迎える予定となっている。