ペーニャのイベントに登壇した大野忍

写真拡大 (全4枚)

FCバルセロナの公認サポーターズクラブ『Penya FCBarcelona Japan(以下:PBJ)』は24日、都内でイベントを開催した。イベントには特別ゲストとして、なでしこリーグINAC神戸レオネッサ所属のFW大野忍が登壇し、スポーツトレーナーの山田晃広氏とセッションを繰り広げた。



なでしこジャパンとして一時代を築いた大野が所属するINAC神戸は、前日23日に日テレ・べレーザに敗れており、大野はベンチから試合を見届けたが、声を出してチームを鼓舞したと振り返った。

そして自身もPBJの会員である大野は、バルササポーターの集いということで、バルサにまつわる話を多くした。
その言葉からはバルサへの尊敬と愛情がよく伝わってきて、会場は笑いに包まれながらバルサ愛を共有していた。



■FCバルセロナを好きになった理由
「2011年のW杯の年に、バルサ好きの指導者がバルサの試合のビデオを観せてくれて感動し、そこからバルサの試合しか観なくなった。」

■今夏バルセロナで自主練をした際にバルサBの練習を見学して1番衝撃だったシーン
「常にピッチに水を撒いてボールが走る状態にして練習に臨んでいた。パススピードが上がって難易度も上げた状態で常日頃から練習している様子を見て、試合での美しいパスサッカーに納得した。」

■バロンドールも獲得した澤穂希のすごいところは?
「掃除機のような存在(笑)。澤バリアのようなものがある。そのエリア内に入るとボールを取られてしまう。」

■大野忍が選ぶバルサ歴代ベスト11



監督:
ペップ・グアルディオラ

システム:
1-4-3-3

GK:
ビクトル・バルデス
「足さばきがキーパーじゃない。」

DF:
ダニエウ・アウベス
「近賀(ゆかり)さんみたい」
プジョル
「ザ・ディフェンス。対戦したくない、避けて通りたい。」
ピケ
「かっこいいから(笑)」
ジョルディ・アルバ
「メッシへラストパスを送る姿が印象的。」

MF:
ブスケツ
チャビ
イニエスタ
「サッカーを楽しんでる3人。ボールを取りに来いというようなボールの持ち方。」
なでしこジャパンで言うと、宮間あや、澤穂希、阪口夢穂。

FW:
スアレス
「(ボール)キープが好き、体の使い方など」
ロナウジーニョ
「ボールを持つと何かしてくれそう」
メッシ
「ゴールにパスするとは、このこと」