工藤静香、これまでとこれから示した“31曲” 貫禄と実力を見せたデビュー30周年記念ライブ

写真拡大

 工藤静香が、9月16日にZepp DiverCity (Tokyo)にて『Shizuka Kudo 30th Anniversary Live 凛』を開催した。

(関連:工藤静香『MY TREASURE BEST』が教えてくれる、80年代アイドルブーム終焉の真実

 工藤静香は1987年に『禁断のテレパシー』でデビュー。今年8月にソロデビュー30周年を迎えた。これまで20周年にベストアルバム『Shizuka Kudo 20th Anniversary the Best』、25周年にCDボックス『SHIZUKA KUDO ORIGINAL ALBUM COLLECTION』と、節目には記念作品を発表してきた彼女が30周年に選んだのが、17枚目のオリジナルアルバム『凛』のリリースだった。2005年の『月影』以来12年ぶりとなる本作は、既発曲は一切収録せず書き下ろし楽曲のみで構成された完全オリジナルアルバム。玉置浩二、松本孝弘、岸谷香など、豪華アーティストが工藤の30周年に花を添えるべく、楽曲提供に参加している。

 「30周年」「凛」の2つが冠された今回のツアーは、東名阪を巡る全3公演。「嵐の素顔」「MUGO・ん…色っぽい」「Blue Velvet」など時代を彩った彼女の代表曲はもちろん、最新アルバムの楽曲も随所で披露した、30周年の輝かしいキャリアと31年目に向かうこれからが感じられる“31曲”でのライブとなった。

 会場が暗転し、工藤のシルエットが暗がりに浮かび上がると、ファンが一斉に色めき立つ。彼女の長い髪が足元から頭上へと舞い上がり、ライブの幕を切ったのは「Blue Rose」。「愛絵理」の名義で自身が作詞を手がけ、『NHK紅白歌合戦』のステージでも披露した彼女の代表曲の一つだ。ライブ冒頭では、アルバム『凛』から「どうせなら」「蜜と棘」の2曲もパフォーマンス。アルバムタイトルに表されているように、今作の楽曲に通底しているのが、よりエモーショナルかつ強靭に昇華されたロックサウンドだ。「蜜と棘」は、作詞に伊集院静、作曲に松本孝弘を迎えた激しいギターサウンドが会場に響き渡る楽曲。<とろけ出す蜜を/今あげる/HONEY TIME>の歌詞では、工藤が目元にピースサインをかざし、愛らしい仕草を見せる一幕もあった。

 「やっと会えましたね!」と工藤が笑顔で会場のファンに挨拶し始まったMCでは、「とにかくいっぱい歌います! 今日は近くていいね。知ってる顔もいるしさ。これだよね、長くやってると嬉しい感じはさ」とこれまでの歩みをファンと共に共有した。「カップリングの曲なんかも続けちゃったりして」と予告し始まった次のパートでは、シングル楽曲の後に、そのカップリングを披露するという当時を色濃く思い起こさせるセットリストに。「FU-JI-TSU」の後に、「夏がくれたミラクル」。「くちびるから媚薬」の後には、「セレナーデ」という緩急ある構成が組まれた。右腕を突き出す振り付けが印象的な「くちびるから媚薬」では、マイクを客席に預ける一幕も。曲調ががらりと変わる「セレナーデ」の歌い出し前には、モード変化のためか、深く息をする工藤の姿が見受けられた。

 「中島みゆきさんの詞を集めた曲を」と歌い出したのは、中島みゆきが作詞を手がけた「MUGO・ん…色っぽい」。中島の作詞として初めてリリースされたシングル曲「FU-JI-TSU」に始まり、工藤と中島の関係は長く、深い。その後に披露された「黄砂に吹かれて」、工藤の最大のヒット曲である「慟哭」も中島作詞の楽曲であり、その数は20曲を超える。中島自身もセルフカバーをするなど、まさに相思相愛の仲だ。

 紫から赤のドレスに衣装チェンジをした工藤。デビューアルバム『ミステリアス』から右膝をつき勇ましい姿を見せた「哀しみのエトランゼ」、工藤にとっての鮮烈なデビュー曲「禁断のテレパシー」、シンセサイザーを大胆に用いたイントロが特徴的な「嵐の夜のセレナーデ」と、初期から歌い継いできた楽曲を披露し、30年の月日を感じさせない歌唱力で、進化し続ける“工藤静香”を見せつけた。

 ここまでで披露された楽曲は20曲。工藤はこの日、「明日を考えないセットリスト」と名付けていたが、工藤静香を堪能出来るフルコースのような楽曲はまだまだ終わらない。続くのは、工藤が信頼を置く作家の一人・松井五郎による作詞の「恋一夜」、そしてアルバム『凛』からの楽曲を中心としたパフォーマンスだ。公私共に親交の深い岸谷香の提供曲「Junk」では、右拳を突き出してシャウト。吉田山田の2人が手がけた切なく壮大なバラード「針」やニコニコ動画を中心に活動する若きクリエイター・まふまふが手がけた「禁忌と月明かり」では、新たな工藤の一面を垣間見ることができた。中でも、工藤が作詞を担当している「かすみ草」「鋼の森」は、今作『凛』を説明する上で必要不可欠な楽曲である。「思いはテレビで話したから」、ライブ中に工藤はそう話していたが『SONGS』出演の際、「怖いことがあっても、明日は来る。未来は見える」という思いを詞に込めたのが、「鋼の森」であると明かしていた。<この身を焦がして君を照らすよ>。ビブラートにより長く続く工藤の歌声が、30年の貫禄と今も第一線で活躍するアーティストとしての実力を証明していた。

 ツアーTシャツにGパンといったラフな格好でステージに再び姿を見せた工藤は、「嵐の素顔」でアンコールをスタート。大サビでは、顔の前で手首を縦横に動かすお馴染みの振りを見せ、ファンを喜ばせる。「永遠の防波堤」「Blue Velvet」では、タンバリンを演奏しながら妖艶なオーラを放ち、ファンを魅了した。「『“31”にムーブオン』ということで、あと1曲入れます」、バンドメンバーからキーボードの澤近泰輔を残し、31曲目としてライブの最後を飾ったのは「声を聴かせて」。歌唱後に工藤は、「“傷つくよりもつよく”みんなの声をいつも聞いてます」と話していたが、松井五郎による作詞のこの曲は彼女の思いを代弁しているかの如く、工藤とファンの関係を象徴した楽曲でもある。キーボードの演奏のみで歌われる工藤の歌声は、よりはっきりとそのメッセージを伝えた。

 「自分の声と、みんなの声とで思いを伝えたいと思って、最後にこの歌にしました。30年って本当にあっという間のような、とても長かったようにも思います。みなさんのおかげで歌えてます。これからもよろしくお願いします。また会える日を楽しみにしてます!」。工藤の30年はファンとの30年でもある。終演が告げられても鳴り止まない彼女へのコールが、その絆を表しているようだった。華々しい栄光と新たな挑戦を経て、工藤は31年目へと歩みを進める。(渡辺彰浩)

※記事初出時、一部表記に誤りがございました。訂正の上、お詫びいたします。