MADKID、メンバーにもサプライズでメジャーデビュー発表

写真拡大

3ボーカル、2バイリンガルラッパーの5人からなるダンスボーカルグループ「MADKID(マッドキッド)」が、来年2018年1月に日本コロムビアよりメジャーデビューする。

◆MADKID 画像

同内容は、9月22日に代官山UNITで開催された彼らの3rdワンマンライブのステージにて、メンバー自身にもサプライズで発表された。MADKIDは2014年に結成、従来のダンスグループにはないTRAP MUSIC、GLITCH HOPなど最先端の要素を大胆に取り入れた新しい形の音楽で人気を獲得してきた。これまでインディーズでアルバム1枚、シングル1枚をリリースし、その高い音楽性とパフォーマンス力で着実に人気・実力ともに積み重ねてきた彼らが、満を辞してメジャーデビューする。

彼らがタッグを組む日本コロムビアは、1910年創設の日本で最も歴史の古いレコード会社だ。これまでロック、演歌、教育、アニメ、ゲームと様々なジャンルの作品を手がけてきた同社が、日本の男性本格ダンスボーカルグループという新たなジャンルに挑戦するという意味でも注目度は高い。

メジャー1stシングルのタイトル、予約受付開始時期等の詳細は後日発表される。近年大きな盛り上がりを見せる男性ダンスボーカルグループ・シーンで、彼らはいかにして躍進を遂げていくのだろうか。なお、同シングルの発売を記念したLIVE Conventionイベントが2017年12月22日(金)に開催。詳細は後日発表される予定だ。