世界で「がん免疫療法」が確実に浸透(depositphotos.com)

写真拡大

 「ヨーロッパ臨床腫瘍学会(ESMO2017)」がスペイン・マドリードで開催され、131カ国からがん治療に関係する臨床家・研究者・企業など2万4000人が集いました。

 今回、前年より13%以上多い3260の演題が投稿され、1736採択されました。さらに発表と同時に、世界の一流誌である『The New England Journal of Medicine 』に4論文、『Annuls of Oncology』に3論文、『Lancet Oncology』に1論文を掲載。

 さすが「米国臨床腫瘍学会(ASCO)」に次ぐ、世界第2位の規模のがん治療に関する学術集会――の印象をあらためて感じました。

がん免疫療法の確実な浸透を実感

 今回まず実感したのが、がん免疫療法の確実な浸透です。筆者も『進行がんは「免疫」で治す 世界が認めた がん治療』(幻冬舎)』を上梓し、免疫本来の力を回復させてがんを治療する「免疫療法」の種類と効果、実績を一般の人にもわかりやすく解説してきました。


 拙書でも触れたとおり、がん免疫療法は、効果が明らかな「免疫チェックポイント阻害薬」(抗 PD-L1 抗体:薬剤名オプジーボ、キイトルーダなど)が登場し、治療方法は飛躍的に進歩しています。

 今までがん免疫療法は、主にステージIVの患者に対する治療法として開発されてきましたが、「ESMO2017」では、その前段階であるステージ靴隆擬圈僻鷯細胞肺がん)に「抗PD-L1抗体」を用いた治療の優位性が証明された――という発表がありました。

 さらに、メラノーマ(悪性黒色腫、皮膚のがんの一種)に対して、外科手術後の再発予防のためのアジュバント療法(術後補助療法)に「抗PD-1抗体」を加えると明らかに再発予防につながるという発表もありました。

 がん細胞が<免疫にブレーキをかけている>状態では、免疫はがん細胞を攻撃できません。「免疫チェックポイント阻害薬」は、がん細胞が<免疫にブレーキをかける>仕組みに働きかけ、その<ブレーキを外す>ことで免疫細胞に本来の力を発揮させるのです。

 このがん免疫療法は、がんの治療体系のなかで大きな影響を与えているといっても過言ではありません。この傾向が今後も続くことは、疑いの余地はありません。

 白血球の中のリンパ球の一種であるT細胞に発現する「PD-1」という物質と、がん細胞に発現する「PD-L1」が結び付くと、T細胞はがん細胞への攻撃をやめてしまいます。その結びつきを遮るのが、免疫チェックポイント阻害薬=抗PD-1抗体です。

 ところが、「抗PD-1抗体」が効かなくなったら......。ESOM2017では、早期の臨床試験ながら、「抗PD-1抗体」が効かなくなったメラノーマの患者に「抗LAG3抗体:PD-(L)1とは別の免疫チェックポイント阻害剤」を併用したところ、強い抗腫瘍効果が得られたという報告がもたらされました。 
 
 このことからわかるのは、PD-1/PD-L1の経路以外にも、他のシグナルを刺激したり抑制したりすると、私たちがもつ抗腫瘍免疫を活性化できるということです。

 体の免疫機能を活性化させ、低下している防御力を増強させる、新たな「免疫賦活物質」も加わり、数多くの臨床試験が現在進行しています。とても期待される領域なのです。
 
がん免疫療法で「生存期間の延長」が証明

 私が個人的に注目したのは、さまざまな併用療法のなかでも「免疫療法と抗がん剤の併用療法が本当に患者の予後を延ばせることができるのか?」というもの。

 今回、非小細胞肺がんに対して、抗PD-1抗体と従来の抗がん剤を併用する「Keynote021試験」の結果が報告されました。

 昨年『Lancet Oncology』に結果が発表されたのは、<免疫療法併用したグループが、PFS(Progression free survival:腫瘍が元より20%以上大きくなるのにかかった期間)で優位に優れていた>というもの。FDA(米国食品医薬品局)も、この併用療法を承認しました。

  しかし、OS(Over all survival:全生存期間)では、観察期間が短かったこともあるのか、併用、非併用で全く差が見られませんでした。それが、今年のASCO(シカゴ)でやや差が開いてきたとの報告があり、ESMOでの発表を注視していました。

 すると今回は、OSで統計学的に優位な生存期間の延長が見られたということです。がん免疫療法の強みである「生存期間の延長」があらためて証明されたのです。

 しかし、果たして<がんを治す>といえるほどの成果を得られたのか? その答えは、少なくとも3年、5年の生存を観察して、がん免疫療法だけでも生存期間を向上できるかにかかっています。

 ESM2017の後、FDAは、抗PD-1抗体について肝細胞がん、胃がんにも適応拡大を承認。わが国も胃がんへの適応拡大を承認しました。がん免疫療法は確実にがん治療の核となってきています。

 いずれにしても、患者さん自身に備わる免疫力を活用する「がん免疫療法」が、がん治療の世界に大きな変革をもたらすのは間違いありません。
(文=角田卓也)

角田卓也(つのだ・たくや) 昭和大学臨床薬理研究所臨床免疫腫瘍学講座教授。和歌山県立医科大学卒業後、同病院で研修。1993年、腫瘍浸潤リンパ球の研究をテーマに医学博士号を取得。92〜95年、米ロサンゼルス、シティオブホープがん研究所に留学。同講師就任。95年、和歌山県立医科大学第2外科助教就任。日本初の樹状細胞療法を実施。2000年、東京大学医科学研究所講師、05年、同准教授就任。10年、バイオベンチャー社長に就任。日本初の大規模がんワクチンの臨床試験を行う。2016年5月より現職。30年間一貫してがん免疫療法を研究する。著書に『進行がんは「免疫」で治す 世界が認めた がん治療』(幻冬舎)』。