Ametsub

写真拡大

Ametsubこと斎藤昭人が、住居侵入及び窃盗の容疑で逮捕されたことがわかった。

【もっと大きな画像を見る】

これは昨日9月24日に音楽レーベルflauが発表したもの。flauの発表によるとAmetsubは9月18日に同レーベルの事務所に空き巣に入った疑いで逮捕された。flauの事務所は7月にも現金やPC、音楽機材、CDなどが盗まれるという同様の空き巣被害にあっており、今回の事件との関連性についても捜査機関による捜査に協力していくという。

flauは事件についてオフィシャルサイトに「弊レーベルでは、お客様・関係者様の大切な情報をお預かりしているという認識のもと日頃より事務所のセキュリティについて厳重に管理を行なっており、弊レーベルと無関係の人間であれば空き巣に入ることは容易ではありませんでした。しかし、今回は、空き巣行為を行なったのが弊レーベルと少なからぬ関係のある上記の人物であったことから、通常のセキュリティ対策では対応しきれなかった面、また弊レーベル及びお客様・関係者様にとってダメージの大きいものが盗む対象として選ばれてしまった面があるのは事実です。今後はより一層セキュリティに関する認識を引き締め、再発防止に努めていく所存です。お客様、関係の皆様にはお詫び申し上げるとともに、今後被害状況が明らかになった時点で、改めて詳細をご報告させていただきます」と記している。発表の全文はオフィシャルサイトでチェックしよう。

Ametsubは東京を拠点に活動するエレクトロニカアーティスト。2006年にデビューアルバム『Linear Cryptics』を発表し、2009年にリリースされた2ndアルバム『The Nothings of The North』では坂本龍一らの賛辞を受けた。昨年にはFaltyDLのレーベルBlueberry Recordsから『Sky Droppin' EP』をリリース。今年7月には新作EP『Mbira Lights 1 EP』を発表し、ヨーロッパツアーを行なっていた。