柴犬は天然記念物!?その経緯

天然記念物の登録は西暦1936年洋犬や様々な種類の犬種が混ざるようになった。純粋な柴犬が減った種を保護するために、柴犬を天然記念物とした

私たちに最も身近で親しみのある柴犬ですが、実は天然記念物。知らなかった方も多いのでは?日本犬の中では一番小さく、もっとも古くからいたのが柴犬。天然記念物として指定されています。

その登録は西暦1936年、つまり昭和11年のことです。

その昔は狩猟犬として飼われており、野鳥などを狩る狩人の助けになっている犬種でした。

しかし、このころに洋犬や、地域によって飼われていた、様々な種類の犬種が入り混じるようになりました。

その際に柴犬としての純粋な血統をもつ個体が減ってしまいます。そのため、柴犬を天然記念物として指定して、種を保護することになったのです。

柴犬が天然記念物に指定された後も、戦争や犬の病気、犬ジステンバーなど、日本犬に様々な危機が襲って頭数が激減しましたが、これらの種の保護や活動家たちの保護活動によって現在の柴犬の頭数に至っています。

天然記念物である柴犬の特徴

とがり耳くるんと丸まった巻尾体高オス:約38cm〜41cm体高メス:約35cm〜38cm毛色:赤、黒、胡麻色。ごくまれに白色の毛色警戒心が強く、やや頑固。とても飼い主に忠実な性格番犬向き

天然記念物である柴犬の特徴は、日本犬全体に言えることなのですが、耳の形は三角形でピンとしたとがり耳、細い鼻先に、くるんと丸まった巻尾が特徴です。

時折差し尾の個体もいます。特に柴犬は、動きがきびきびしており、姿勢のよい佇まい。体高は低めで、オスは38cm〜41cm、メスは35cm〜38cmほど。

分類としては小型犬になります。柴犬は天然記念物の日本犬の中では最も小柄で、野性味があり、最も日本犬の特徴を多く残しています。

毛質は硬いトップコートと、柔らかなアンダーコートのダブルコート。年に2回の生え変わり期があります。毛色は多い順に赤、黒、胡麻色。ごくまれに白色の毛色の子もいるようです。

柴犬は天然記念物として登録されている日本犬の中でも、警戒心が強く、やや頑固。とても飼い主に忠実な性格で、家族を守ろうとする傾向が強い犬種でもあります。

吼え声も多く、怪しい人物にはしっかり警戒して撃退します。飼い主に褒められるととても喜び、基本的には飼い主にしか懐きにくいと言われています。

上下関係の感覚がはっきりとしており、きちんとしたしつけを最初の頃にしっかりしてあげれば、番犬としても活躍できます。

柴犬が天然記念物なのに普通に飼える理由

天然記念物は生息していることが大事家で飼う事は柴犬としての種の保存に繋がる

柴犬は天然記念物なのですが、文部科学省の指定する天然記念物には「特別天然記念物」と「天然記念物」があります。

特別天然記念物は、例えばトキや、オオサンショウウオ、イリオモテヤマネコなどで、万が一飼育をする際には文化庁長官の許可が必要になります。

対して天然記念物は、基本的に傷つけたり採取したりしてはいけないことが原則です。天然記念物の柴犬以外の例は、大きいものでシカ、小さなものでヤマネなどです。

ただし、天然記念物の場合は生息していることが大事なのです。そのため柴犬の場合、天然記念物であっても、普通に飼育する・繁殖をさせることは、種の保存に繋がるため、特に許可などの必要もなく飼う事ができるのです。

柴犬と天然記念物の仲間たち

柴犬を含め天然記念物に指定されている日本犬は、そのほかにも6種類。

北海道犬秋田犬甲斐犬紀州犬四国犬越の犬

この犬種たちも柴犬と同じく日本犬の趣を多く残して、現在まで保護されてきた天然記念物たちです。越の犬は現在純血種がいません。越の犬以外の大まかな特徴を上げてみますと以下のものになります。

北海道犬

穏やかで我慢強く、勇敢な性格。中型犬に分類

秋田犬

日本犬の中では唯一の大型犬。柴犬と同じく忠実な性格で、身体がやや丈夫。

甲斐犬

出典:http://breeder.aikenonline.jp/

柴犬の次に小さな犬種。オオカミの様な風貌と、俊敏で野性的な動きが特徴。

紀州犬

出典:https://matome.naver.jp/

体が強く、筋肉質で、無駄吼えの少ない性格。他の犬種よりやや攻撃的な一面がある。

四国犬

暖かい地方の犬種の為、暑さにやや強い。体力も多く、持久力がある。

それぞれの特徴はありますが、それぞれの名前に地方の名称がついていることにお気づきでしょうか。実は、柴犬は天然記念物に指定された日本犬の中で唯一地方名が付いていません。

現代で多く飼われている柴犬は、信州柴犬と言うのですが、この種は島根産と四国産の柴犬同士の掛け合わせが元で、信州地方の原産ではないのです。

そのため、柴犬だけが天然記念物の中で地方名が付いていないのです。

まとめ

いかがでしたか?柴犬が天然記念物になった経緯や、特徴などをご紹介いたしました。現在、柴犬は天然記念物のなかでも一番多く飼われており、私たちの中で最も身近な犬種です。

いままで知らなかった、柴犬の天然記念物としての側面を知るきっかけになりましたでしょうか?

柴犬は天然記念物として保護されていますが、日本固有のとても貴重な犬種です。

もしも一緒に暮らす機会がありましたら、家族として、しっかりコミュニケーションをとれると良いですね。きっと心強く、よい家族の一員になってくれること間違いなしです。