“THE MACH55GO WORKS 55x20”

写真拡大 (全3枚)

グラフィックデザイナーとして活動する上杉季明さんが2017年9月23日(土)から10月1日(日)にかけて、渋谷・GALLERY X BY PARCOにて「マッハ55号がデザインするアニメ・音楽・書籍の世界20年展 “THE MACH55GO WORKS 55x20” ~大友克洋から『COWBOYBEBOP』『機動戦士ガンダム サンダーボルト』まで~」を開催している。

【『AKIRA』など手がける上杉季明のデザインワーク展 大友克洋、渡辺信一郎も登壇!の画像・動画をすべて見る】

マッハ55号、設立20周年!


上杉季明さんは、『AKIRA』や『カウボーイビバップ』、『機動戦士ガンダム サンダーボルト』などのパッケージデザインや、石野卓球さんや東京スカパラダイスオーケストラなどのCDジャケットのデザインも手掛けるグラフィックデザイナー。

『AKIRA』



1994年に矢部弘幸さん、小西忠明さんらと結成したグラフィックチーム・マッハ55号(Mach55Go!)のメンバーとして活躍していることでも知られる。

本展では、そのマッハ55号の設立20周年を記念して、上杉さんのデザインワークを一挙に大公開。

大友克洋さん作の『MEMORIES』『COWBOY BEBOP』『機動戦士ガンダム サンダーボルト』など、誰もが目にしていたことがある数々のグラフィックデザインが展示される。


『機動戦士ガンダム サンダーボルト』



デザインが完成するまでの過程も見れるなど、アニメファンやデザインファンに限らず幅広い人が楽しめる内容となっている。

さらに、スペシャルイベントとして、9月26日から30日にかけて、『AKIRA』作者の大友克洋さんや『カウボーイビバップ』の監督をつとめた渡辺信一郎さん、画家のSHOHEIさん、コラージュアーティストの河村康輔さんを招いたトークショーとサイン会も開催予定。

なお会場では、10月に刊行されるマッハ55号が手掛けた作品集「THE MACH55GO WORKS 55x20」の先行販売に加え、関連グッズや書籍も販売される。

展示される作品をもっとみる!