見事W杯行きを決めた韓国代表 photo/Getty Images

写真拡大

韓国サッカー協会が25日、10月の強化試合に向けて23名の同国代表メンバーを発表し、9名のJリーガーとわずか2名のFWをリストに含めている。

日本代表と同じく、危機的状況を見事に乗り越えた末にロシアW杯本戦へのチケットを手にした韓国代表。シン・テヨン新監督率いる現チームには攻撃面での創造性の欠如や、連携における懸念など多くの伸び代を残しているものの、本大会までに与えられた猶予はわずかだ。来月10日に欧州遠征を敢行し、モロッコ代表との試合に臨む同国はポジティブな収穫を得ることができるだろうか。そのスカッドの豪華さ故、一切の言い訳が通用しないことはメンバーリストが十分に示している。

同国協会が発表した代表メンバーは次の通り。

GK
キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)
キム・スンギュ(ヴィッセル神戸)
ク・ソンユン(コンサドーレ札幌)

DF
キム・ギヒ(上海申花)
キム・ジュヨン(河北華夏)
キム・ヨングォン(広州恒大)
ソン・ジュフン(新潟)
オ・ジェソク(ガンバ大阪)
イム・チャンウ(アルワフダ)
ユン・ソギョン(柏レイソル)

MF
チョン・ウヨン(重慶力帆)
チャン・ヒョンス(FC東京)
キ・ソンヨン(スウォンジー)
クォン・キョンウォン(天津権健)
ソン・フンミン(トッテナム)
キム・ボギョン(柏レイソル)
ク・ジャチョル(アウクスブルク)
ナム・テヒ(アルドゥハイル)
イ・チョンヨン(クリスタル・パレス)
クォン・チャンフン(ディジョン)
ファン・イルス(延辺富徳)

FW
チ・ドンウォン(アウクスブルク)
ファン・ウィジョ(ガンバ大阪)