JAF(日本自動車連盟)が発表したデータよると、2011年〜2013年に発生した全交通事故を発生時間帯別に見ると2つのピークがあることがわかりました。

それは朝7時〜9時までと夕方の5時〜7時までです。これは通勤や通学、そして買い物など多くの人が移動する時間帯と重なっています。

さらに死亡事故だけに絞って発生時間帯別に見てみると、年間を通じて夕方の5時〜7時までが多くなります。4月から8月では7時台と、さらに遅い時間帯に多く死亡事故が増える傾向があります。これは一体何を示しているのでしょうか。

全交通事故の発生時間帯は朝と夕方が多くなっていました。それを死亡事故に絞ると夕方が突出しているのです。これは人が移動するというわけでなく、日没の時間が大きく影響しているということが考えられるという結論に達しました。

特にこれから秋が深まる季節は17時〜19時までの日没後の時間帯に死亡事故は多発しています。

太陽が水平線に沈んでしまっても、すぐには真っ暗になりません。この薄明るい状態を「薄暮」といい、最近ではマジックアワーと呼ばれて空が美しい色になる時間帯と言われてSNSなどに写真がアップされています。

実は、この美しい薄暮の時間こそが死亡事故を多発させる魔の時間なのです。日没後でもまだ明るさが残っているためドライバーは明るいと錯覚しがちです。しかし、この錯覚によって歩行者を見落とし、死亡事故の原因となってしまうのです。

これを防ぐためにドライバーができることは「早めにヘッドライトを点灯する」ことです。ヘッドライトの点灯は視界の確保だけでなく、歩行者にクルマの存在を知らせる手段でもあります。また、歩行者も明るく目立ちやすい色の服を選んで、ドライバーに存在をアピールすることも大切です。

最近では日没の30分前を目安に早めにヘッドライトを点灯する「おもいやりライト運動」が展開されています。ちょっとした気遣いで痛ましい交通事故が防げるのですから、すぐにでも実行したいですね。

(萩原文博)

秋の夕方は交通事故が多い!? JAFのデータから見えてくる「魔の時間」とは?(http://clicccar.com/2017/09/25/514370/)