尾里紗はパルモンティエに敗れて大会初の初戦敗退 [タシケント・オープン]

写真拡大

「タシケント・オープン」(WTAインターナショナル/ウズベキスタン・タシケント/9月25〜30日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、尾粼里紗(江崎グリコ)はポリーヌ・パルモンティエ(フランス)に2-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間29分。

 今大会に2年連続3度目の本戦出場だった尾粼は、初の初戦敗退。3年ぶりに予選を突破した昨年の大会では、2回戦で日比野菜緒(LuLuLun)に5-7 1-6で敗れていた。

 この結果でパルモンティエは、尾粼との対戦成績を2勝1敗と勝ち越した。昨年は1月に全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の予選で対戦し、尾粼が6-3 6-2で勝っていた。

 パルモンティエは2回戦で、第4シードのイリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)と予選を勝ち上がってきた元世界ランク2位のベラ・ズボナレワ(ロシア)の勝者と対戦する。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「タシケント・オープン」(ウズベキスタン・タシケント)の1回戦で敗れた尾粼里紗(東レPPOでのもの)
Photo:TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER 19: Risa Ozaki of Japan plays a forehand against Shelby Rogers of the USA during day two of the Toray Pan Pacific Open Tennis At Ariake Coliseum on September 19, 2017 in Tokyo, Japan. (Photo by Matt Roberts/Getty Images)