タテ型洗濯乾燥機「ES-PU11B」

写真拡大

 シャープは、洗浄性能をサポートする「超音波ウォッシャー」を付属するタテ型洗濯乾燥機「ES-PU11B」を10月19日に発売する。価格はオープン、税別の実勢価格は22万円前後の見込み。

●「穴なしサイクロン洗浄」で洗浄効果を高める



 洗濯槽は独自設計で、外槽に水を溜めない「穴なし槽」を採用している。内槽と外槽の間の水を省くことで節水できるほか、黒カビや汚れが洗濯槽内に侵入しないので、清潔に保つことができる。

 また、洗浄能力を高める強力な水流を実現するために、ネイチャーテクノロジーを応用している。イルカの尾ひれと表皮の形状を模したパルセーターと、1度の傾斜がついたダイヤカット形状の槽を組み合わせることで、中の水を上方向に排水できるほどの巻き上げ水流を生み出し、洗濯物を力強くかき混ぜる。

●デザインと使い勝手の両立



 投入口は、水の流れや拭き取りやすさに配慮した洗面ボウルをモチーフにしており、段差や継ぎ目のない滑らかなデザインになっている。操作部には、電源を入れている間のみ、操作に必要なキーとメニューがハーフミラー越しに光る「光るタッチナビ」を採用しており、デザインを損なわないように配慮した。

 さらに、内フタがなく投入口の低い「WIDEマウス & LOWボディ」設計で、洗濯物の投入や取り出す際の負担軽減を狙う。開口幅は415mmで、開口奥行き340mm、投入口の高さは850mm。

 主な洗濯コースには、衣服にシワがつくのを抑えながら洗濯する「シワ抑えコース」、温風を吹き付けることで洗剤が活性化する温度まで槽内と衣服を温める「温風プラス洗浄」、手洗いに代わって洗剤なしで5分程度予洗いする「サッと予洗いコース」などがある。

 サイズは、高さ1050×幅600×奥行き650mmで、重さは48kg。容量は洗濯が11kgで、乾燥が6kg。

 付属する「超音波ウォッシャー」は、毎秒約3万8000回の超音波振動で汚れを弾き出すように落とす。「10分洗濯コース」と組み合わせれば、落ちにくい汚れを洗う際も、時間を大幅に短縮できる。洗濯機の上部にある収納場所に置くと、充電する。