再現度高過ぎ!高杉真宙×葉山奨之の『セトウツミ』ビジュアルが解禁

写真拡大

テレビ東京系列にて10月13日よりスタートする新ドラマ『セトウツミ』(毎週金曜24:52〜)のビジュアルが解禁。さらに、追加キャストも発表された。

「別冊少年チャンピオン」にて大人気連載中で、2016年に映画化もされた『セトウツミ』を、高杉真宙と葉山奨之のW主演でテレビドラマ化する本作。関西に住む2人の男子高校生・瀬戸(葉山)と内海(高杉)が放課後に河原でまったりと“喋るだけ”の青春物語だ。映画版からキャストを一新し、新しいエピソードもたっぷりと盛り込まれているだけでなく、映画には登場しなかったハツ美ちゃん、田中君、馬場君、ゴリラ先生など、原作でも人気の多彩なキャラクターも大活躍する。

今回出演が発表されたのは、田中君役の森永悠希と、ハツ美ちゃん役の片山友希。田中君こと田中真二は、瀬戸と内海の同級生。左右対称の名前とセンター分けの髪型から「公平そう」という理由で瀬戸と内海の対決の審判を務める。そしてハツ美ちゃんは、瀬戸に告白してきた高校1年生。瀬戸の前だと緊張して上手く喋れず、内海ごしに話しかける。それ以外の相手に対しては饒舌かつ毒舌という役どころだ。

出演が決まり、森永は「映画化もされて愛されている作品に携われることを嬉しく思っています。“ドラマもやるんだ〜!”と最初に聞いた時からわくわくしました」と喜びをあらわにし、演じる役については「個性的なキャラクターなので、どういう感じがいいのだろうと日々考えています。左右対称が一つの特徴ですが、髪以外にも、左右対称にしてもらっている部分があります(笑) 刺身のつまの様な、“ないとちょっと寂しい”、田中真二がそんな存在になるように頑張りたいと思います」と意気込んだ。

片山は、「原作を初めて読んだ時、ハツ美が出て来た瞬間“なんだこいつ! めっちゃ面白い!”と思い、前髪を切ってオーディションに挑みました。受かったと聞いた時は本当に嬉しかったです。瀬戸のことが好きで、恥ずかしくて喋れない乙女な部分も、瀬戸以外の人の前ではズバズバ言う饒舌で洞察力が半端ない部分も、全部全部前髪も含めて、愛おしいです! どこか憎めないキャラ、ハツ美ちゃんを全力で演じたいと思います」と明かし、「視聴者の方にも“なんだこいつ!”と思って笑ってもらったらいいなと思います。頑張って瀬戸へ愛を伝えます!!」と力強くコメントしている。

また、一部の熱烈なファンに向けて、瀬戸と内海が河原で出会う野良猫の写真も公開された。