車椅子で花道を引き揚げる高安(写真:共同通信社)

写真拡大

 相撲ブームが沸騰している。「謎のスー女」こと相撲女子の尾崎しのぶ氏が、現在相撲コラムを週刊ポストで執筆中。今回は、九月場所の異常事態について尾崎氏が綴る。

 * * *
 九月場所初日の相撲をテレビで見ていて、「石浦強えー!」とうなった。横綱白鵬を送り出し。しかし間違いだった。時間は四時半で、横綱白鵬の取る時間ではない。それに石浦は白鵬が独立する際には連れて出る予定で入門している内弟子、宮城野部屋の所属なので取組が組まれることはない。石浦の対戦相手荒鷲が若き日の白鵬に見えてしまった。どうやら私は、白鵬が九月場所にいないことを飲み込めていないらしい。

 稀勢の里と鶴竜の休場については、五月場所と七月場所も休場していることから九月場所もそうであろうと思っていた。だが「左大腿四頭筋腱炎、左足関節ATF損傷で白鵬も初日より休場」との発表には驚いてしまった。五月場所と七月場所で連続優勝していた白鵬だったから。三月場所の途中休場は、右足の親指と右大腿部の怪我によってだった。完治しないその右側をかばったしわ寄せで左側もおかしくなったということか。

 記録に残る昭和以降で、三横綱が初日から不在になるのは初めてのこと。そんな異例の今場所、私はまだテレビでしか相撲を見たことのない友人を国技館にお連れすることになっている。

 チケットを用意できたと伝えた八月の初め、稀勢の里を生で見られることを郷里の祖父母からうらやましがられていてしっかり記憶して伝えることが親孝行になる、とはしゃいでいた。それなのにさらに白鵬までいないなんて、と悲しがっている。いくつかの注目点を私なりにさがし「目をつぶる暇ないよ!」と息巻く。

 四横綱中ただ一人出場する日馬富士が優勝すると思われるが、高安の初優勝を期待するもよし。できれば高安には強い人(横綱)がばっちりいる場所で優勝してほしいというのが本音ではあるけれど、それは今後に持ち越そう。

 新入幕の朝乃山はなかなかのイケメン。宇良はとてもかわいい(スー女初心者の彼女を軽んじているわけではないが、相撲ぶりウンヌンを説明するより見た目のほうが取っ掛かりになりやすいだろう)。元気な若手もひしめいている。それにカド番大関豪栄道と照ノ富士がふんばれるかも気になる等々。

 二日目国技館で観戦していた私は、十両での安美錦と蒼国来の熱戦に「今日これ以上すごい相撲あるかな」と思った。しかし約一時間後に、ある意味ですごい場面に立ち会うことになってしまった。

 貴景勝に押し込まれた土俵際、宇良は右足一本でエビ反りになった。「アアそっちの足は!」と叫ぶ私の前で宇良はダメ押しされる前に自分から倒れ、自力で歩けず車椅子で退場した。

 貴景勝との対戦成績は一勝六敗で、苦手とする相手であった。宇良は七月場所で右膝を負傷していて、九月場所を休場したほうがいいのではないか、と勝手に心配した。だから出場すると知った時には、無理しないでやりすごせ、と思った。出る本人がそう思うはずはなく、貴景勝の攻めに屈しまいとした、あの右足で……。

 ショックのさめないまま、驚きは続いた。高安を押しまくって勝利した玉鷲の足の甲が最後に裏返ってしまったのは見たから、引きずっていたのには「捻挫したのかも」と納得した。しかし館内で見ていた分にはひねってももつれてもいない取組のようで、どう痛めたのかわからなかった高安が花道の途中から車椅子に乗った。土俵に戻り一礼し、花道の観客から見えなくなる位置まで真顔で居続けた高安に大関としてのプライドを見た。

 友人に見どころとして挙げた内の特大の二点を失ったのだが、彼女を喜ばせられるかどうかはもうどうでもいい。悪い事が起きすぎていて寒気がする。この九月場所は何かに取り憑かれているのではないか。厄払いしたほうがいい。あり得ないが、中止したらどうかとさえ思っている。

 十二日目、カド番から一変今日・明日と白星を重ね優勝を決めるかと思われた豪栄道が敗れた。二敗の豪栄道を追う四敗勢はなんと十人。力いっぱいの賜杯争いで故障者が出なければいいが……。

※週刊ポスト2017年10月6日号