レアル、今週にも“新星”アセンシオとの契約延長を発表へ…解除金は約666億円に

写真拡大

 レアル・マドリードはスペイン代表MFマルコ・アセンシオとまもなく新契約を締結するようだ。24日付でスペイン紙『アス』が報じている。

 今シーズン、めざましい活躍を見せているアセンシオは、現時点でリーグ戦6試合に出場し2ゴールを記録するなど結果も残している。

 同紙によると、“新星”の放出を阻止したいレアル・マドリードは、2020年までとなっているアセンシオとの契約を2023年まで延長させることを検討している模様。また、その際に新たに設定される契約解除金は5億ユーロ(約666億6000万円)にものぼるという。

 これは、近年莫大な資金を武器に他チームの主力選手を引き抜くケースが増加していることへの抑止力としての設定金額だという。

 早ければ26日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のドルトムント戦後に発表するようだ。

 先日、スペイン代表MFマルコス・ジョレンテとの契約延長を発表したレアル・マドリード。今シーズン、チームは不調にあえいでいるが新たな“若い力”の確保は順調に進んでいる模様だ。