賛否両論が渦巻く岡崎の“泥臭い一撃” 英紙は「今節ベストショット12選」で紹介

写真拡大

リバプール戦でGKミニョレと競り合いながらゴールに押し込む

 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は、現地時間23日に行われたプレミアリーグ第6節の本拠地リバプール戦に先発出場し、前半アディショナルタイムに今季公式戦4得点目となるゴールを決めた。

 試合には2-3で敗れたものの、英メディアはベルギー代表GKシモン・ミニョレと競り合いながら泥臭くゴールを決めた侍ストライカーの一撃を、「今節のベストショット12」に選んでいる。

 レスターが0-2で迎えた前半アディショナルタイム、岡崎のストライカーとしての本能が目を覚ました。左CKからのクロスボールにMFウィルフレッド・エンディディが飛び込み、ファーサイドに抜けたボールが相手と競り合うDFハリー・マグワイアに当たってゴール前にこぼれると、岡崎が素早く反応。飛び出していたミニョレにユニフォームを引っ張られながらも勇敢に体を投げ出し、意地の一撃を泥臭く押し込んだ。

 英紙「ガーディアン」では、「ザ・ダズン(12)」と題して、週末に行われたプレミアリーグの名シーンを捉えた12枚の写真を紹介した。

 ウェストハムを3-2で撃破したトットナムのエース、イングランド代表FWハリー・ケインのヘディング弾などとともに、ミニョレの前に巧みに体を入れた岡崎がゴールを決めた瞬間も選出。「シモン・ミニョレの奮闘にもかかわらず、レスターのシンジ・オカザキはゴールを決めた」と紹介されている。

イングランド代表OBで割れる見解

 泥臭く決めた岡崎のゴールだが、イングランドでは賛否両論が繰り広げられている。

 英衛星放送「BTスポーツ」で試合の解説を務めていたリバプールのレジェンド、スティーブン・ジェラード氏は、「私にしてみれば、あれはGKへのファウルだ。シモンに同情するよ。彼はいつものように批判されてしまうかもしれない。100%ファウルがあった。オカザキは彼の腕を引っ張って、ジャンプするのを止めたんだ」と主張した。

 その一方で、マンチェスター・ユナイテッドOBのリオ・ファーディナンド氏は、「でも、あれはセンターフォワード(CF)の仕事だ。大抵の場合、小さなCFは妨害するためにGKの前に置かれる。そして彼は上手くその仕事をやり遂げた。彼はラインズマンと主審を騙し、その報酬を得た」と岡崎の狡猾さを称えている。

 岡崎は1得点1アシストを記録した19日のカラバオ・カップ(リーグカップ)に続き、リバプール相手に公式戦2試合連続のゴールをゲット。今季6試合目の出場で早くも4得点と好調を維持しており、侍ストライカーはイングランドで存在感を高めている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images