PSGのカバーニ photo/Getty Images

写真拡大

パリ・サンジェルマンのフリーキック、PKを蹴るのはネイマールとエディンソン・カバーニのどちらなのか。これは現在大きな注目を集めている話題だ。両者は17日のリヨン戦でキッカーの座を争っており、ドレッシングルームに戻ってからも険悪なムードがあったと言われている。さらにネイマールがカバーニの売却をクラブに要求しているとの話題まであり、キッカー問題はPSGにとって早急に解決すべきものとなっている。

その解決へ向けて動きを見せたのが、クラブのナセル・アル・ケライフィ会長だ。スペイン『El Pais』によると、同会長の提案は驚くものだ。同会長は今夏に史上最高額で獲得したネイマールにセットプレイのキッカーを任せたいとの考えを持っているようで、カバーニに対してキッカーの座を降りれば、リーグ戦で得点王を獲得した際に100万ユーロのボーナスを出すと提案したという。

かなり強引なやり方だが、このトライは無駄だったようだ。カバーニはこのオファーを拒否し、お金にはこだわっていないことを強調。シーズンを通してキッカーの座を守りたい考えだ。同メディアは「ケライフィ会長はネイマールとカバーニがキッカーを争う構図を変えようと望んだが、彼の試みは無駄だった。カバーニはお金に興味がないと答えを出した」と伝えている。

フリーキックは別としても、ストライカーとしてPKキッカーの座は譲れないだろう。カバーニはPSGでもこれまでズラタン・イブラヒモビッチの脇役としてプレイする時期が続き、昨季ようやく前線で自身が主役になれたばかりだ。それを後輩のネイマールに再び持って行かれるなど許せないはずだが、このキッカー騒動はどのような結果を生むのか。