モウリーニョ監督、今季からマンU加入のルカクは「驚くべき得点能力」

写真拡大

 マンチェスター・Uの指揮官であるジョゼ・モウリーニョ監督が、今夏に7500万ポンド(約110億1000万円)もの移籍金でチームに加入したベルギー代表FWロメル・ルカクを称賛するコメントを残した。イギリス紙『デイリースター』が伝えている。

 ルカクはここまで行われたプレミアリーグ全6試合に出場し6得点を記録し、素晴らしい活躍を見せている。そんなルカクに対してモウリーニョ監督は「ルカクはゴールを取るために試合に出場する選手だ。そう分かっていても、彼の得点能力には驚かされている。シーズンが終わる頃には、エヴァートンやウェスト・ブロムウィッチに所属していた時よりも点が取れていると思う」とコメント。ルカクの鋭いゴールへの嗅覚を称賛した。

 今シーズンのプレミアリーグではルカクの他にも、チェルシー所属のスペイン代表FWアルバロ・モラタやマンチェスター・C所属のアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが6得点を記録し、得点ランキングの首位に立っている。今シーズンのプレミアリーグでは得点王争いも目玉の1つになりそうだ。