日本人のみならずとも、クルマ好きの中で嫌いな人はいないんじゃないかと思えるトヨタ2000GT。さまざまなシーンで「展示」されることはよくあり、その度に目を癒してくれる貴重な存在です。

しかし、その見るだけでも満足してしまいそうな美しい肢体の中に入り込める、しかもいい状態で走ることができることはかなり貴重な体験。そんなシーンを味わうことができました。

トヨタ2000GTのオーナーたちが集まり、トヨタ2000GTの生誕50周年を記念したイベントでそれが可能になったのです。

会場にはさまざまな個体が並んでいますが、その中の一台の助手席に座り、現在の感覚で、名車を味わうことができたいのです。

想像の通り、助手席は低いです。まさに腰を下ろして頭を下げて車両に乗り込みます。

小柄なボディの割には車内は前後左右とも意外にも余裕が感じられました。GTという名の通り、グランドツアラーを目指したんだと想像できます。

貴重な個体、恐る恐る静かに走らせるだけかな、と思ったら大間違い! 係員の見ているところを過ぎるとアクセル全開にしていただきました。

その音は、ノーマルの車両としてはかなり勇ましい音量です。やや高めのエンジン音と低めの排気音が車内に「スポーツカーの走る音」として自分の記憶にある通りのメロディーを速度やギヤに合わせて奏でてくれます。

加速も軽い車重のおかげと、低い車体、目線のためかなり速く感じます。ステアリングも隣で見る限り、当時としてはかなりシャープだったんではないでしょうか、コースのシケインをスパンとかわしていきます。外から見ると意外にロールやピッチが大きそうに想像していましたが、車内ではほとんどそれを感じません。

驚いたのは乗り心地の良さと、車体のしっかり感。旧いスポーツカーというとガチガチの足回りでハードなイメージでしたが、そこもGTを狙ったんだと思えます。ボディ剛性もキャビンが小さいためか、しっかりしているように感じました。

正直言って、乗るまでは「カッコイイけど所詮旧いクルマ。乗ってガッカリしちゃうとイヤだな」という懸念はまったく必要ありませんでした。もちろん、最高のコンディションに保たれているから、という好条件もあってのことだとは思いますが。

発売価格238万円というのは当時としては異例なほどの高価格。海外のスポーツカーにも負けない値付けだったでしょうが、そのライバルに引けを取らない性能を有していたと言えたのかもしれません。

様々なシーンで目にするトヨタ2000GTが、名車である所以が見た目だけから生まれたものではないと、今回の助手席初試乗でわかった気がしました。次は、ぜひステアリングを握りたいものです。

(clicccar編集長 小林 和久)

【関連記事】
往年の「トヨタ2000GT」が大集結! 生誕50周年を祝うビッグイベント開催https://clicccar.com/2017/09/25/514829/

トヨタ博物館に往年の「トヨタ2000GT」がズラリ勢揃い!
https://clicccar.com/2017/06/15/482758/

「トヨタ2000GT」を新車で手に入れる方法とは?
https://clicccar.com/2016/05/12/371549/

「トヨタ2000GT」が3.0Lエンジンを積んで現代に蘇った!
https://clicccar.com/2016/05/09/370651/

燃費リッター41.1km! トヨタ2000GTがアクアの技術で現代的に蘇った!
https://clicccar.com/2015/08/27/323726/

トヨタ2000GTが電気自動車(EV)になった!
https://clicccar.com/2012/01/14/102615/

【関連リンク】
MEGA WEB
http://www.megaweb.gr.jp/

トヨタ博物館
http://www.toyota.co.jp/Museum/

【トヨタ2000GT同乗試乗】50年前の作品とは思えない乗り心地としっかり感に圧倒(http://clicccar.com/2017/09/25/514910/)