会見に臨んだハリルホジッチ監督。「EAFF E-1 サッカー選手権」への意気込みを語った。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

 9月25日、日本サッカー協会で12月8日より開催される「EAFF E-1 サッカー選手権2017 決勝大会(東アジアE-1サッカー選手権)」の概要が発表された。
 
 東アジアカップから名称変更され、大会ロゴなども一新された今大会には、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が指揮する日本代表と、高倉麻子監督が率いるなでしこジャパンがともに参加し、中国、韓国、北朝鮮と対戦する。
 
 会見に登場したハリルホジッチ監督は「このトーナメントは興味深いものになる。最後に残るであろう選手を見極めたい。最終予選を突破し、国内組を試すには良い機会。ふたつの目的があるが、まずは勝つこと、そしてAと言われるチームに残れる選手を見極めたい」と意気込みを語った。
 
 なお、会見では出場が予定されている北朝鮮に関しての質問も飛んだが、「この4チーム(が出場すること)に変更はない」と田嶋幸三会長は説明した。
 
 同大会の対戦スケジュールは以下。
 
【男子】
12月9日(土)19:15:日本×北朝鮮(味の素スタジアム)
 
12月12日(火)19:15:日本×中国(味の素スタジアム)
 
12月16日(土)19:15:日本×韓国(味の素スタジアム)
 
【女子】
12月8日(金)18:55:日本×韓国(千葉市蘇我球技場[フクダ電子アリーナ]) 
 
12月11日(月) 18:55:日本×中国(千葉市蘇我球技場[フクダ電子アリーナ])
 
12月15日(金) 18:55:日本×北朝鮮(千葉市蘇我球技場[フクダ電子アリーナ])