パチューカ、地震の影響で試合会場&日程が変更…次節はホーム開催に

写真拡大

 メキシコサッカー協会(FMF)は24日、メキシコで発生した大地震の影響で、リーガ第11節の開催スタジアム、日程を変更すると発表した。このため、日本代表MF本田圭佑の所属するパチューカは、アウェイで開催予定だった一戦をホームで戦うことが決定している。

https://twitter.com/LIGABancomerMX/status/912006278955839488

 パチューカは当初の予定では26日、メキシコの首都メキシコシティに本拠地を置くクルス・アスルとアウェイで対戦する予定だったが、地震の被害を考慮し、この一戦は27日にパチューカのホームで開催されることになった。メキシコシティは19日、マグニチュード7.1の大地震に見舞われ、多数の死傷者が出ており、現在も懸命な救助活動が続けられている。

 パチューカはリーグ戦9試合を終え、3勝6敗の勝ち点「9」で13位となっている。