Jリーグからはオ・ジェソク、キム・ボギョン、チャン・ヒョンス、ファン・ウィジョ(左から)ら9人が韓国代表に選出された【写真:Getty Images】

写真拡大

 大韓サッカー協会(KFA)は25日、来月の欧州遠征に参加する韓国代表メンバー23人を発表した。

 先月末から今月初旬にかけて行われたロシアW杯アジア最終予選のイラン戦とウズベキスタン戦をいずれも0-0で乗り切り、辛くも9大会連続のW杯出場権を獲得した韓国は10月にヨーロッパで2試合を予定している。

 10月7日にモスクワでロシア代表との対戦が決定しており、もう1試合はスイスでのモロッコ代表戦が濃厚になった。元々はフランスのカンヌで同10日にチュニジア代表との親善試合が予定されていたが、交渉は破談に終わり、急きょモロッコとの親善試合に切り替えたという。

 韓国代表にとって、海外組のみでチームが組まれるのは史上初のこと。Kリーグがシーズン中のため国内組の招集は見送られた。8月末から9月にかけてのW杯アジア最終予選に招集されていたキム・ジンス(全北現代、元新潟)やキム・ミヌ(水原三星、元鳥栖)、イ・グノ(江原FC、元G大阪、磐田)、ヨム・ギフン(水原三星)、イ・ジェソン、イ・ドングッ、キム・シンウク(いずれも全北現代)らは10月の遠征メンバーから外れた。

 これに伴い、Jリーグから9人の選手が招集されている。ガンバ大阪のオ・ジェソクとファン・ウィジョが久々の復帰を果たし、アルビレックス新潟のソン・ジュフンは初招集となった。GKは3人ともJリーグからの選出で、キム・スンギュ(神戸)、キム・ジンヒョン(C大阪)、ク・ソンユン(札幌)が招集リストに載った。他にユン・ソギョンとキム・ボギョン(ともに柏)、チャン・ヒョンス(FC東京)も継続して招集されている。

 欧州組ではチ・ドンウォン(アウクスブルク)が復帰。イラン戦とウズベキスタン戦にコンディション不良で出場できなかったキ・ソンヨン(スウォンジー)も招集された。エース格のファン・ヒチャン(レッドブル・ザルツブルク)はメンバー外となり、初招集が期待された元バルセロナのイ・スンウ(エラス・ヴェローナ)やペク・スンホ(ジローナ)の抜てきも見送られている。

 10月の欧州遠征に参加する韓国代表メンバーは以下のとおり。

▽GK
キム・スンギュ(ヴィッセル神戸)
キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)
ク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌)

▽DF
キム・ヨングォン(広州恒大)
キム・キヒ(上海申花)
ユン・ソギョン(柏レイソル)
キム・ジュヨン(河北華夏幸福)
イム・チャンウ(アル・ワフダ)
オ・ジェソク(ガンバ大阪)
ソン・ジュフン(アルビレックス新潟)

▽MF
キ・ソンヨン(スウォンジー)
イ・チョンヨン(クリスタル・パレス)
ク・ジャチョル(アウクスブルク)
ソン・フンミン(トッテナム)
チャン・ヒョンス(FC東京)
ナム・テヒ(アル・ドゥハイル)
キム・ボギョン(柏レイソル)
チョン・ウヨン(重慶力帆)
クォン・チャンフン(ディジョン)
ファン・イルス(延辺富徳)
クォン・ギョンウォン(天津権健)

▽FW
チ・ドンウォン(アウクスブルク)
ファン・ウィジョ(ガンバ大阪)

text by 編集部