カンプ・ノウ60周年を祝うメッシ

写真拡大

レオ・メッシがカンプ・ノウ60周年を感動的なメッセージとともにSNSで祝っており、これまでに共に過ごした思い出を回想している。

「今日は自分が忘れることのない多くの素晴らしい時を過ごした最愛のカンプ・ノウの誕生日である」とインスタグラムに投稿している。

これまでFCバルセロナを支えてきたカンプ・ノウは24日日曜日に60周年を迎えている。そして、このバルサの象徴となってきたカンプ・ノウでメッシは2004年10月24日のバルサ対オサスナ戦でデビューして以降プレーし続けている。
なお、デビュー戦でメッシは背番号30をつけ、18分間プレーしている。そして、メッシはカンプ・ノウでの初ゴールを2005年5月1日のバルサ対アルバセテ戦で当時17歳の時に決めている。

■キャプテンの言葉
バルサのキャプテンを務めるアンドレス・イニエスタも同じようにカンプ・ノウの誕生日を忘れることはなく、祝福のメッセージ「さらに魔法のような瞬間をともに」とツイッターで送っている。

イニエスタはメッセージとともにカンプ・ノウでのゴールに歓喜する自身の写真も添えている。

また、同じくバルサ下部組織出身のセルジ・ロベルトも祝福を忘れることはなく、「Per molts mes moments unics com aquests.(さらに多くの特別な瞬間を)」と投稿している。