@AUTOCAR

写真拡大 (全9枚)

もくじ

ーVIZIVシリーズ 新コンセプト初公開へ
ー市販車は2台 S208/BRZ STIスポーツ
ー参考出品3モデル アウトバック/XV/インプレッサ

VIZIVシリーズ 新コンセプト初公開へ

スバルは、東京モーターショー2017の出展概要を明らかにした。

“DYNAMIC x SOLID” に基づいたスポーツセダンスタイルを採用する「スバル VIZIV(ヴィジヴ)パフォーマンス・コンセプト」を世界初公開。さらにSTIハイパフォーマンスモデル2車種などを出展する。

初公開の市販車としては、WRX STIをベースとした「S208」(限定450台・抽選販売)と「スバルBRZ STIスポーツ」(クールグレーカーキエディションのみ100台限定・抽選販売)の出展により、STIブランドの活用を拡大していく。

スバルVIZIVパフォーマンス・コンセプト

安心で愉しいクルマづくりの将来ビジョンを具現化したスポーツセダンタイプのコンセプトモデル。

将来の自動運転普及期を見据え、アイサイトを核とした高度運転支援技術を、スポーツセダンボディに搭載。スバルらしい安心で愉しいドライビングの世界観を提示する。
 

市販車は2台 S208/BRZ STIスポーツ

S208


WRX STIをベースとするS208は、“Sシリーズ史上最高の性能と質感を実現した究極のドライビングカー” を目指す。スバルとSTIが共同してエンジンや足回りを専用開発。内外装にも専用装備を追加したトップエンドのハイパフォーマンスカー。


2015年発売のS207に対して、エンジン出力・加速性能の向上やカーボンルーフの採用による低重心化などの改良を施している。2017年10月25日に、車両仕様詳細とともに450台限定の抽選販売方法についても発表するという。

スバルBRZ STIスポーツ


スバルとSTIが共同開発し、BRZのカタログ最上級グレードとして設定。ボディ剛性向上や、足回りの専用チューニングにより、ドライバーの意のままに動くハンドリング性能や、BRZ最上級モデルにふさわしい上質な乗り味を実現。さらに、洗練された専用内外装を採用している。


また、特別外装色を施した「スバルBRZ STIスポーツ・クールグレーカーキエディション」を100台限定で発売。2017年10月25日に、車両仕様詳細とともに100台限定の抽選販売方法についても発表するという。
 

参考出品3モデル アウトバック/XV/インプレッサ

レガシィ・アウトバック・リミテッド・スマートエディション


専用グリル、専用ホイール、ウルトラスエード・シート、ダークエンボスシルバー調加飾パネルといった気品を感じさせる内外装デザインにくわえ、8インチの大型ナビを装着。Apple CarPlay ™ /Android Auto ™に対応した車両連携や、専用のHarman/kardonオーディオシステムなどの機能を兼ね備える。

XVファン・アドベンチャー・コンセプト


XVの世界観を、専用オフロードタイヤと力強いデザインに変更したクラッディングによりタフなデザインに強調。ボディーカラーは力強く輝くイエローメタリックを採用した。

インプレッサ・フューチャー・スポーツコンセプト


インプレッサ・スポーツをベースにしたデザインコンセプトカー。低重心でダイナミックな形状の前後バンパー、スポーティで存在感のあるセンターマフラーが特徴。イエローパールの外装色とコントラストの効いたインテリアコーディネートによりアクティブなキャラクターを表現した。