清水、神村学園からFW高橋大悟が加入内定「チームの力になりたい」

写真拡大

 清水エスパルスは25日、神村学園高校からFW高橋大悟の来季加入内定を発表した。

 高橋は1999年生まれの18歳。神村学園中学校から神村学園高校へと進学し、現在も在学している。昨年は高円宮杯U−18サッカーリーグ2016プリンスリーグ九州で2年生ながら得点王を獲得した。

 今回の発表に併せて同選手は以下の通りにコメントしている。

 「小さな頃からの夢であるプロサッカー選手になることができ、すごく嬉しく思います。そして、清水エスパルスという歴史あるクラブでスタートすることができることを誇りに思います。今までに支えてくださった多くの方々への感謝を忘れずに、恩返しができるよう1日でも早くピッチに立ち、チームの力になりたいと思います。清水サポーター皆さん、エスパルスのために全力で頑張りますので、これからよろしくお願いします」