大塚 愛、“日本一美しい星空”の下でプロジェクションマッピングライブ

写真拡大

大塚 愛が9月23日(土)に<AIO PIANO -星の音楽会 2017->を開催した。

◆ライブ画像

<AIO PIANO -星の音楽会 2017->は、環境省より“日本一美しい星空”に認定された長野県阿智村の「富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら」の野外特設ステージで行われるスペシャルライブ。今年は演出チームとして、クリエイティヴカンパニーのNAKED Inc.が参加した。

会場まではゴンドラに乗って片道全長2,500m、15分間を経て移動、まさに天空の楽園のような場所だ。日没後、ライブは代表曲の「プラネタリウム」から始まる。メッシュスクリーンで覆われたステージがプロジェクションマッピングによって演出され、ステージ上にいる大塚 愛が立体的に映像に包み込まれていく。星空の美しさともあわさって、他に体験することのできない幻想的なライブだ。

中盤からは「ユメクイ」「ロケットスニーカー」などアップテンポの楽曲で観客を盛り上げ、MCでは、「今年も阿智村の皆さんのおかげで、この素晴らしい環境の中でライブを開催することが出来ました。ありがとうございます!」と感謝の気持ちを伝える。続けて「私の曲は星の曲がたくさんあるので、いつもよりセットリストを考えやすかったです(笑)最後に、大塚 愛の星の曲と言えば。という楽曲を歌います。」と言って、「クラゲ、流れ星」のピアノ弾き語りでライブを締めくくった。

写真◎窪田 真一

セットリスト
01. プラネタリウム
02. サクラハラハラ
03. 星のタンゴ
04. shooting star
05. ユメクイ
06. LUCKY☆STAR
07. ロケットスニーカー
EN. クラゲ、流れ星