アーセナル、シャルケMFゴレツカに関心…バルサやユーヴェも注目の22歳

写真拡大

 アーセナルがシャルケに所属するドイツ代表MFレオン・ゴレツカに対する関心を強めているようだ。24日付のイギリス紙『ザ・サン』が報じた。

 同紙によると、アーセナルの指揮官であるアーセン・ヴェンゲル監督がゴレツカの能力を高く評価しており、同監督が最も信頼を置くスカウトを派遣して同選手を視察しているという。

 ゴレツカとシャルケの契約は今シーズン限りとなっているが、現段階では同選手自身がシャルケからのステップアップを望んでいるため、契約延長に応じるつもりはないという。ゴレツカにはアーセナル以外にもバルセロナやユヴェントス、リヴァプールやバイエルンなどのクラブが関心を持っていると報じられており、ヨーロッパの強豪クラブによるゴレツカ争奪戦が行われるのではないかと見られている。

 ゴレツカは1995年2月6日生まれの22歳。2013−14シーズンからシャルケでプレーしている。2018 FIFAコンフェデレーションズカップ ロシアではドイツ代表の一員として優勝に貢献した。また、同大会では個人賞の3位に値するブロンズボールを受賞する活躍を見せた。