「オキシドール」が、むしろ消毒が傷の治りを悪くさせる(depositphotos.com)

写真拡大

 子どもの頃、転んでケガをすると「オキシドール」を塗られた。オキシドールが傷に染みる痛さといったら、傷ができたときの比ではない。シュワシュワと出てくる泡を見ながら、「これで傷が治るのだから」と激痛を我慢していたものだ。

 このような傷の治療法は、過去の遺物と言ってもいいだろう。というのも、むしろ消毒が傷の治りを悪くさせることもわかってきているからだ。

消毒薬が「上皮細胞」を破壊する

 ところが、学校の保健室では相変わらず、子どものすり傷に消毒薬が使われていることがある。傷を水道水で洗うだけだと、「子どもがケガをしたのに、学校では消毒もしてくれないのか」と保護者から苦情が入ることもあるようだ。

 「これまで消毒薬を使って傷が治っているのだから、やめる必要はない」という意見も強いらしい。

 ケガに消毒薬を使うか? 使わないか? あなたはどちら派だろうか?

 まずは、オキシドールなどの消毒薬を使ったときに生じる「痛み」について検討しよう。この痛みは、オキシドールによって私たちの「細胞が傷つけられている」ことで生じている。いわば「細胞の悲鳴」なのだ。

 オキシドールは「過酸化水素(H2O2)」の水溶液である。オキシドールを傷口に塗ると「活性酸素」が発生し、傷に付着している細菌を死滅させる。

 そこで問題になるのは、活性酸素が細菌だけでなく、私たちの細胞にもダメージを与えることだ。

 活性酸素についてはすでにご存じの方も多いだろうが、「がん」や「老化」の原因物質とされている。活性酸素は反応性が高く、周囲にあるタンパク質や脂質、糖質などを酸化する。

 たとえば、皮膚が大量の紫外線を浴びると活性酸素が発生する。こうして皮膚の脂質が酸化されると、シミが発生しやすくなる。また、活性酸素が細胞に障害を与え続ければ、皮膚がんのリスクが高まる。

痛みもなく早く傷が治る「湿潤療法」

 そもそも「痛み」とは、私たちの体の防衛反応である。「それ以上やめて!」と体が危険を知らせているわけだから、強い痛みを引き起こす行為は逆効果だろう。

 「これまで消毒薬を使って傷が治っている」という意見もあるが、傷が治っているのは人間の自然治癒力のおかげで、消毒薬は傷の治りを遅くしている。これは、皮膚の表面の組織などを形成する「上皮細胞」を消毒薬が破壊するからだ。

 では、どのような処置が最善か?

 これまでの「消毒・乾燥・ガーゼ」による治療とは真逆の「湿潤療法(モイストヒーリング、ラップ療法)」を実際に試してほしい。消毒するときの痛みもなく、早く傷が治ることを実感できるはずだ。

正しい「湿潤療法」のやり方

 湿潤療法の大まかなやり方は次のとおり。ぜひとも『傷はぜったい消毒するな』(夏井睦、光文社)などの書籍を参照してほしい。

―口を水道水でよく洗浄する(血液や泥、砂などを丁寧に取り除く。消毒は行わない)。

⊇口をドレッシング材で覆う(ドラッグストアなどで入手できるドレッシング材として「キズパワーパッド」「ケアリーブ」などがある)。

ドレッシング材から浸出液が漏れ出したらドレッシング材を外し、水道水で浸出液を洗い流してから、新しいドレッシング材で傷口を覆う。

1日1〜2回、傷口を水道水で洗い、ドレッシング材を交換する。

ソ口にうっすらと膜が張ったように見えたら(上皮化)、湿潤療法をやめる。

 なお、動物にかまれたり、釘などが突き刺さったり、傷が赤く腫れ上がったりしているときは、深くまで細菌が入り込んでいる危険があるので、必ず受診しよう。

 ケガに消毒薬を使うかどうかは、本人の自由だ。ただ、子どもが学校などでケガをしたときに、「消毒もしてくれないのか」と苦情を入れる前に、消毒薬を使わない処置が主流になりつつある現状を理解してほしい。
(文=森真希)

森真希(もり・まき)
医療・教育ジャーナリスト。大学卒業後、出版社に21年間勤務し、月刊誌編集者として医療・健康・教育の分野で多岐にわたって取材を行う。2015年に独立し、同テーマで執筆活動と情報発信を続けている。