季節の変わり目は体調をくずしがち。熱っぽかったり、鼻水が出たりで「かぜ、引いたかな?」なんていうとき、早めにかぜ薬を飲んでおこう、という行動様式の人が少なくないと思います。すると翌日は熱も引いて、薬、効いた気がする……。

今日はこの季節、ドラッグストアにダーッと並ぶ「かぜ薬」の効き目についてお話しします。

「かぜ薬」は基本的にどの症状にも効くようにできている

最近は「鼻用」「のど用」「熱用」など、症状別に特化されたかぜ薬が目立ちます。はじめに基礎知識として知っておいていただきたいのは、鼻用ものど用も熱用も、「総合感冒薬」であるということです。感冒とは「かぜ」のことです。総合ですから、どんなかぜ症状も対象です。実際、市販のかぜ薬のトリセツには、「鼻用」でも「のど用」でも、下記のように書かれています。

【効能】かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、のどの痛み、くしゃみ、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、 関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

つまり「鼻用」や「のど用」は発熱にも効き、「熱用」でも鼻水やのどの痛みに効くのです。では何が違うのかというと、それぞれの症状に有効な成分が配合されている、あるいは多めに配合されている、ということです。

たとえば、鼻用かぜ薬には、鼻水をやわらげるヨウ化イソプロパミド、鼻の粘膜の炎症をやわらげる抗炎症剤、くしゃみ・鼻水を抑える抗ヒスタミン剤などが配合されています。

咳止め用のかぜ薬では、リン酸コデイ、ジヒドロコデインなどの麻薬性鎮咳薬や、気管支を広げる作用があるメチルエフェドリンなどが配合されています。

一方「熱用」の場合、有効成分は解熱剤となりますが、市販のかぜ薬には主にアセトアミノフェンやイブプロフェン、エテンザミド、アスピリンなどが配合されています。最近はアミノフェン+イブプロフェンなど、複数を組み合わせているかぜ薬も増えています。

上にあげた成分は解熱・鎮痛剤とも呼ばれ、痛みに伴う炎症をやわらげる作用もあります。たとえばイブプロフェンは頭痛・生理痛薬でもおなじみの成分です。強い作用がありますので、安易に飲みつづけてはいけない成分でもあります。

解熱剤は「鼻用」にも「のど用」にも入っています。また、鼻水を抑える抗ヒスタミン剤や、咳を抑える成分などは「熱用」にも入っていることが多いです。先にも書いたとおり、総合感冒薬は「かぜの諸症状」に効くように作られているからです。

言い換えると、鼻が出るので「鼻用」を買って飲むと、解熱剤もいっしょに飲むことになります。同じく、咳が出るからと「のど用」を飲むと、解熱剤や抗ヒスタミン剤もいっしょに飲むことになります。そして発熱したときに「熱用」を飲むと、抗ヒスタミン剤や抗炎症剤、去痰剤なども飲むことになります。つまり、不要な成分も飲むことになります。

熱が出るのは元気な証拠!?

私は“薬を使わない薬剤師”を掲げていますので、かぜの場合も基本的に薬を飲む必要はないと考えています。どうしても休めない仕事や用事があるならともかく、数日、暖かくして、栄養と水分を摂って、安静にしていれば治るものだからです。

かぜ薬に必ず解熱剤が入っているのは、たいがい、かぜを引くと熱が出るからです。かぜが厄介者扱いされるのは、この熱のせいですね。鼻が出ただけ、咳が出ただけで会社を休む人は少ないと思います。でも熱が出ると「会社休もうかな」となりますよね。

かぜを引くと、なぜ熱が出るのか?熱を出して体温を上げ、体に侵入したかぜウイルスをやっつけようとしているためです。一説には、体温が1℃上がると免疫力が30%上がると言われますが、熱は免疫力アップの大きな武器になります。ウイルスは熱に弱いからです。

ですから、かぜを引いたかなと思ったら、できれば熱を上げたほうがいいのです。発熱こそ、あなた自身がウイルスと闘っている証です。お年寄りはかぜを引いても熱が上がらないことがあります。それは、熱を上げるパワーがないためです。だから、かぜにかかったことに気づかず重症化し、肺炎になるまで気づかないということがよくあります。熱が出るのは元気な人です。発熱は若さの証拠!です。

しかし、かぜ薬に頼ったほうがいい場合もあります。次回は、どんな時にかぜ薬を飲むといいのか、ご説明しましょう。

「鼻用」にも「のど用」にも解熱剤が入っています。



■賢人のまとめ
かぜ薬には「鼻用」「のど用」「熱用」などがありますが、どれも「総合感冒薬」なので解熱剤が配合され、かぜ症状全般に効くようにできています。かぜで発熱するのは、熱で体に入ったウイルスをやっつけるため。ですから、かぜ薬を飲んで熱を下げてしまうより、暖かくして安静にしているほうが、ウイルスを早くやっつけることができることを知っておいてください。

■プロフィール

薬の賢人 宇多川久美子

薬剤師、栄養学博士。(一社)国際感食協会理事長。明治薬科大学を卒業後、薬剤師として総合病院に勤務。46歳のときデューク更家の弟子に入り、ウォーキングをマスター。今は、オリジナルの「ハッピーウォーク」の主宰、栄養学と運動生理学の知識を取り入れた五感で食べる「感食」、オリジナルエクササイズ「ベジタサイズ」などを通じて薬に頼らない生き方を提案中。「食を断つことが最大の治療」と考え、ファスティング断食合宿も定期開催。著書に『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂出版)など。