今夏札幌に加入のチャナティップ、ASEAN年間最優秀選手とベストイレブンに選出

写真拡大

北海道コンサドーレ札幌は24日、ASEANサッカー連盟が主催する『AFF award 2017』で、MFチャナティップが年間最優秀選手ならびにベストイレブンに選出されたことを発表した。

23日にインドネシアで行われた『AFF award 2017』は、東南アジアの11の国と地域が在籍するASEANサッカー連盟の年間表彰式。タイ出身のチャナティップは昨季、ムアントン・ユナイテッドで4シーズンぶりのリーグタイトル獲得に貢献。今季はAFCチャンピオンズリーグのグループステージ3試合でAFC(アジアサッカー連盟)のマン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍を見せた。そして、今夏に札幌へ加入すると、ここまでリーグ戦で9試合に出場するなど、早速チームに欠かせない戦力となった。

チャナティップは「AFF Award 2017において年間最優秀選手賞とベストイレブンを獲得できて嬉しいです」と喜びつつ、「元タイ代表監督・ギャッティサック、スタッフ、そして今まで僕に関わってくれた全ての方々のサポートがなかったら、このような成功はありませんでした」とコメント。

「これからもチームやサポーターの皆さんのために、もっともっと成長できるように頑張ります。なまら宜しく!」と今後に向けて意気込んだ。