ファン・ダイクの復帰でポジション争いが激化するサウサンプトン、吉田麻也は「良いプレーをすることに集中」

写真拡大

▽サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也が、今夏の移籍市場をにぎわせたオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの残留が、ポジション争いをより難しくしていると語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

▽2012年8月からサウサンプトンでプレーする吉田は、昨シーズン途中からディフェンスリーダーとしての地位を確立。クラブやファンからも高く評価され、若手であるDFジャック・スティーブンとのコンビで最終ラインを支えた。

▽今シーズンもセンターバックのポジションで出場を続ける吉田だが、退団するとみられていたファン・ダイクが残留。16日に行われたクリスタル・パレス戦で途中出場で復帰していたもの、23日のマンチェスター・ユナイテッド戦は欠場していた。

▽吉田は、プレミアリーグ6試合を終えて5試合に先発。今シーズンもセンターバックの1番手としてここまで出場を続けているが、ファン・ダイクの残留によりポジション争いが激化すると語った。

「本当に難しいことです。僕は理解しています。ヴィルヒル(・ファン・ダイク)は、プレミアリーグでも最高のセンターバックの1人です」

「僕は監督やファンに対して、自分のパフォーマンスで強みを出し続け、チームとして結果を得なくてはいけません。それが、僕ができる唯一のことです。僕は自分自身のこと、そして良いプレーをすることに集中しています」

「ここ数年での自分の経験では、プレッシャーのようなものが自分を強くすると確信しました」

「ジャック・スティーブンスでさえ、メンバー入りすることは難しかったです。サウサンプトンでの競争は本当に高いものがあります」

▽また、0-1で敗れたマンチェスター・ユナイテッド戦について振り返った吉田は、ここまでの戦いぶりも含めてゴールが奪えていないことが課題であるとコメント。守備的に戦うことは間違っていないとの見解を示した。

「特に後半は、僕たちが多く支配しました。彼らはいくつかのチャンスを作りましたが、トップチームとプレーするときは、細かいディテールが大きな差を生みます」

「多くのコストがかかっています。本当に受け入れがたいことですが、それが彼らが順位表のトップに居る理由です。昨シーズンの終わりから、僕たちは十分なゴールを奪えず、それが問題だと思っています」

「僕たちは、より客観的でなければいけません。でも、守備に関しては、僕は昨シーズンよりも良くなったと思っています。この方法が間違っているとは、僕は考えていません」