宇多田ヒカルが、12月9日より公開される映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の主題歌を担当することがわかった。

 『DESTINY 鎌倉ものがたり』は、西岸良平のコミック『鎌倉ものがたり』を山崎貴監督が実写化した映画で、シリーズ3部作の総興収112億円を突破した『ALWAYS 三丁目の夕日』チームが再集結している。また、本作では堺雅人と高畑充希が夫婦役で出演しており、古都・鎌倉を舞台としたファンタジー作品でありながら“夫婦の愛”、“家族の絆”が感動とともに描かれている。

 そして、この度本作の主題歌が宇多田ヒカルの書き下ろしによる「あなた」に決定。山崎監督は、自らの想いを手紙にしたため宇多田に主題歌の制作を依頼。宇多田は、映画公開日となる12月9日が、自身のデビュー記念日でもあることなど本作との縁を感じ、オファーを快諾。なお、宇多田が映画主題歌を担当するのは2012年に公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の「桜流し」以来5年ぶりとなる。

 宇多田は、原作を読み込みイメージして制作した「あなた」について、「この曲は原作が妖怪みたいな異世界と日常が実は一緒にあるみたいな話だっていうことがわかっていたので、そこから仏教系の言葉を使ったりとか、そういったアイデアも取り込みながら作りました。聴いてくれた人が、どんな風にそれぞれ受け取ってくれるのか楽しみな歌です」とコメント。山崎監督は「主題歌を宇多田さんにお願いできたことは、強力な魔法使いに力を貸してもらったようなものです」と喜びを表現している。

◎主題歌「あなた」へのコメント
・山崎貴監督
宇多田さんの歌には、当たり前のように送っている日常の日々が、実はかけがえのない宝物なんだと気づかせてくれる、魔法のような力が有ると思います。今回の作品『DESTINY鎌倉ものがたり』も出来たらそんな力を持った作品にしたいと考えていました。主題歌を宇多田さんにお願いできたことは、強力な魔法使いに力を貸してもらったようなものです。出来上がってきた曲は映画の輪郭をくっきりと鮮明にしてくれました。とてもとても嬉しいことです。

・堺雅人
だれにでも当てはまる、ひとがひとをおもう気持ちをうたっていて、ききながら、まず家族の顔をおもいうかべました。そして、映画のなかで愛した、高畑充希さん演じる妻に、もう一度あいたくなりました。この映画のためにつくられた曲とのこと。撮影がおわってからきいたのが、くやしい。この曲をふまえて、もう一度演じたい気持ちです。

・高畑充希
いただいた音源の、歌い出しを聴いて、ゾワっと鳥肌が立ちました。映画のラストシーン直後、こんな音が聴こえてきたらなんて素敵なんだろう。心と耳が幸せだな、と嬉しくなりました。撮影中の、旦那様を愛しい愛しいと思っていた気持ちが聴いているうちにガッと蘇ってきて、また亜紀子さんに出逢わせていただいたような気分です。そして個人的には、朝ドラに引き続き宇多田さんに主題歌を担当していただけたこと。このご縁と幸せに胸がいっぱいです。


◎『DESTINY 鎌倉ものがたり』予告編:
https://youtu.be/c6aWdEz8vdc

◎公開情報
『DESTINY 鎌倉ものがたり』
2017年12月9日(土)より全国ロードショー
監督・脚本・VFX:山崎貴 
原作:西岸良平「鎌倉ものがたり」(双葉社「月刊まんがタウン」連載)
出演:堺雅人、高畑充希、堤真一、安藤サクラ、田中泯、中村玉緒、市川実日子、ムロツヨシ、要潤、大倉孝二、神戸浩、國村隼、古田新太、鶴田真由、薬師丸ひろ子、吉行和子、橋爪功、三浦友和
(C)2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会