9月25日はアメリカのインディー・ネオ・ソウル界で活躍するシンガーソングライター/プロデューサー、エリック・ロバーソンの41歳の誕生日。

 エリック・ロバーソンは1976年9月25日、アメリカ・ニュージャージー州生まれ。90年代にミュージック・ソウルチャイルドやジル・スコットなどへの楽曲提供でシーンの注目を集め、自身は2001年に『ジ・イーソテリック・ムーヴメント』でアルバム・デビュー。以降、インディー・ネオ・ソウル/R&Bシーンで精力的に活動を続け、2010年、2011年とグラミー賞に2年連続でノミネート。また、ロバート・グラスパー・エクスペリメントによる話題作『ブラック・レディオ2』(2013年)への参加などを経て、現シーンのトップスターとして絶対的な地位を確立している。

 2017年には『Earth』『Wind』『Fire』と題された3部作の発表、そしてそれらの最終章となる『Fire』発表後の11月には、世界を舞台に活躍する日本人女性ソウル・シンガーNao Yoshiokaのライブにスペシャルゲストとして参加するため、約10年ぶりに来日予定。同公演は【かわさきジャズ2017】の一環として11月18日にミューザ川崎シンフォニーホールでおこなわれる。