誰しも自分のルックスに対してはコンプレックスや嫌悪感を抱きやすいものです。特に女性ならなおさら、100%自信が持てるなんて人はほとんどいないのではないでしょうか。はたから見れば申し分のない容姿の女優やモデルさんたちだって、それぞれコンプレックスがあると語っていることもあります。つまりそれだけ自分の容姿に自信を持ち、好きになることはなかなか難しいということです。
でもそんなふうに否定的にとらえているままでは、オシャレも楽しめないし、きれいになれません! 自分のルックスに対する自己肯定感を高めるヒントをお伝えしましょう。

1. “マインドフル瞑想”で自分の心と体のつながりを意識する

私たちの脳内は忙しい毎日のせいで常にざわつき、ネガティブ思考になりがちです。そんな精神状態を一度リセットするためには、マインドフル瞑想がおすすめ。最初は数分でも構いません、静かな場所で目を閉じてゆっくり深呼吸を繰り返してみて。さまざまな感情が浮かんできても、それを他人事のようにただ見つめ、過ぎてゆくのを待ちましょう。心身が落ち着き、心と体のつながりを意識しやすくなります。

2. ルックスに対するネガティブな思いをシャットアウトする

なぜか私たちは自分のルックスに対して必要以上に厳しく、高いレベルを設定しがちです。“デブだから”、“美人じゃない”……でもあなたはそんな言葉を大切な親友に投げつけますか? 自分のルックスを好きになりたいなら、まずは自分自身のことをまるで親友に対するように温かく、優しい態度でリスペクトをもって向き合ってみるべき。そうでなくてはいい関係を築くことはできませんよ。

3. 自分の体型に合わなくなったワードローブのアイテム3点を潔く処分する

“もっと痩せれば着られるから”なんて理由で、サイズの合わなくなったデニムやスカートをためこんでいませんか。数年前と今では体型も変わるだろうし、“いつかは……”という期待はあまり現実味がありません。サイズが合わなくなったものは潔く処分して、今の自分の体型やスタイルを受け入れることが、ルックスに対する自己肯定感を高める第一歩です。

4. 自分の魅力的だと思えるパーツ、ファッションコーデやメイクを3つ考えてみる

自分ではコンプレックスばかりが気になるかもしれませんが、他人から見たらあなたのチャームポイントはいろいろあるはず。クセのないストレートヘア、すらっとした長身、流行を巧みに取り入れるのがうまいファッションセンス……ルックスについて自分が魅力的だと思えることをまず3つあげてみましょう。自分の長所や魅力を磨き上げることで、自信もついてきます。

5. “もっと○○だったらいいのに”という発想をやめる

ルックスに自信が持てないとき、“もっと痩せていれば似合うのに”、“もっとかわいければ彼氏ができるのに”なんて発想になりがちです。でもそれこそが自分のルックスを否定的に捉え、嫌いになってしまう原因でもあります。なにかがうまくいかないのをルックスや見た目のせいにするのはもうやめましょう!

6. 心から楽しい、幸せと思えることに意識をフォーカスさせる

自分のルックスに対して自己肯定感が低いのは、コンプレックスになっていることばかり気にしてしまうからかもしれません。でも趣味でもオシャレでも、自分が心から楽しい、気持ちいいと思えることばかり意識していれば、そんな心理状態からも抜け出せるはず。エクササイズで思いっきり汗を流す、好きなオシャレをとことん楽しむ……自分がイキイキと輝ける時間を増やすようにすれば、コンプレックスに悩む暇もありません。