オーストリア航空は、新型プレミアムエコノミークラスの予約受付を開始した。

オーストリア航空ではボーイング767型機に新型プレミアムエコノミークラスを導入する計画で、9月5日から改修を開始。2018年春までに対象となる全11機の改修を完了する計画。2018年春に納入予定の12機目にも設置される。

新型プレミアムエコノミークラスはZIM Flugsitz製のシートで、2列目以降にはフットレスト、最前列には一体化したレッグサポートを設置する。座席間に折りたたみ式のテーブルやカクテルテーブルを格納したアームレスト、12インチモニター、電源、USBポートも設置する。ウェルカムドリンクやアメニティキットのサービスを提供するほか、23キロまでの手荷物2個まで無料で預け入れることができる。機内食はメニューカードから選択でき、陶器で提供する。

現在は日本への乗り入れ便はないものの、2018年5月15日より、東京/成田〜ウィーン線を週5便で運航を再開する。

■関連記事オーストリア航空、東京/成田〜ウィーン線の運航再開 来年5月から週5便