【TGS2017】『信長の野望・大志』インタビュー、奥深いシミュレーションはそのままに、「志」で武将の人間らしさを追求

写真拡大 (全5枚)

『信長の野望』シリーズの最新作で2017年11月30日発売予定の『信長の野望・大志(以下『大志』)』。変わらぬところを残しつつ、時代に合わせて進化し続ける同シリーズの魅力、そして最新作の見どころを『大志』プロデューサー小山宏行氏、ディレクター木股浩司氏にうかがいました。

◆新システム「志」で武将がより身近に

―――今回の新要素である「志」についてお聞きします。本作で武将それぞれの「志」を入れようと思ったきっかけについて教えてください。

小山宏行氏(以下小山):『信長の野望』シリーズは大名家が天下統一を競い合うゲームなのですが、もう少しそれぞれの人間性というか、個性を出したいよね、という話になり、それをどう表現するかを話し合いました。そもそも彼らはみんな天下統一を目指していただろうか?と。天下を狙っていなかったとしても、ゲームとしては最終的に天下統一を果たすのが目的ですから、そのような兼ね合いの中で模索し、「志」のシステムが出来上がりました。

―――天下統一を目的にしていない、小さい勢力にも「志」があって、それをこなしていくうちに天下統一を果たしていた、みたいな流れになると。

小山:小さい勢力が天下統一を目指していたか?を考えるより、彼らがどう生き残ろうとしたか、という考えをメインにして、ある程度大きくなって、天下統一もいけると思えた時に天下を目指す、という流れですね。

木股浩司氏(以下木股):弱小大名であっても弱小ながら自分なりの「志」を持っているので、これまで以上に愛着を持っていただけるのではないかと思います。

小山:「志」の効果である特性は初めからすべて解放されているわけではなく、条件を満たして解放していくものもあり、「志」の特性の開放が小目標にもなっています。「志」の特性の開放を進めるうちに、その大名になった気分がより深まるのではないでしょうか。

―――ビジュアルを付けるだけでも大変な作業だと思うのですが、信長のような、わかりやすい史実が残っていない武将から「志」を汲み取るのが難しかったのではないでしょうか?

木股:大変ではありましたが、調べればどんな大名でもそれなりの逸話が出てきます。そこから個性が見えてくるので、楽しい作業でした。小さい勢力とか、光が当たっていない大名の「志」を作っている時の方が楽しいかったですね。

―――ちなみに今回「戦時」と「平時」の2種類のビジュアルが用意されている武将がいるとのことですがこちらも大変だったのではないでしょうか。

木股:平服を持っているのは一部の武将になりますが、細かいところで着替えているのでこまめにチェックしていただければ嬉しいです。戦国武将の場合、鎧に特徴がある人が多いので、鎧を脱いでもその人の特徴が失われない、というところを意識していますね。

◆操作は単純だけど奥深さは健在

―――今回試遊させていただいた体験版での感想ですが、UIがシンプルだなという印象を受けました。例えば商業を発展させていく時もツリー状になっているのでアイコンを見て直感的に選んで指示することができるなと。本作からの初心者でもプレイしやすいよう配慮されていると感じたのですが、その辺のこだわりなどはいかがでしょうか?

小山:シミュレーションゲームと言えば、ずらりと並んだ数値を見て、それを調整するイメージが強いと思うのですが、最近は見た目で分かりやすく、というのは大前提としてあります。もちろん戦国時代のイメージがあるので他のシミュレーションゲームのように自由にはできませんが。その中でも受け入れられやすく、とっつきやすい画面である、というところを探りながらやっています。