ジュムホールがボスニアヘルツェゴビナ人初のツアー優勝者へ [サンクトペテルブルク・オープン]

写真拡大

 ロシア・サンクトペテルブルクで開催された「サンクトペテルブルク・オープン」(ATP250/9月18〜24日/賞金総額100万ドル/室内ハードコート)のシングルス決勝で、ノーシードのダミアー・ジュムホール(ボスニアヘルツェゴビナ)がファビオ・フォニーニ(イタリア)を3-6 6-4 6-2で下し、ATPツアーでシングルスのタイトルを獲得した初のボスニアヘルツェゴビナ人となった。

 25歳のジュムホールのキャリア初タイトルは、彼が8月のウィンストンセーラムでキャリア初の決勝に至った約1ヵ月後に到来した。

「自分のベストのリズムを見つけられなかった。ベストゲームができなかった」とジュムホールは言った。「でも、すでに一度決勝をプレーしていた経験が大きな助けとなり、最後には勝つことができた」。

 第7シードのフォニーニは、7月のグスタッドに続く今季2つ目のタイトルを狙っていた。彼は準決勝でトップシードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)を退けており、サンクトペテルブルクでは2012年にも決勝に至っていた。

 フォニーニは、2度サービスブレークに成功して第1セットを比較的簡単に取ったが、第2セット4-4から4ゲームを連続で落とした。それには自分のサービスゲームだった第3セットの第1ゲームも含まれており、さらに第7ゲームで2度目のブレークを許したことが、ジュムホールの勝利を動かぬものにしてしまった。

 ジュムホールは7月末からの戦績を15勝3敗に向上させた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「サンクトペテルブルク・オープン」でボスニアヘルツェゴビナ人として初のツアー優勝者となったダミアー・ジュムホール(写真◎Getty Images)
Photo: SAINT-PETERSBURG, RUSSIA - SEPTEMBER 24: Damir Dzumhur of Bosnia and Herzegovina celebrates his victory after his match against Fabio Fognini of Italy within the St. Petersburg Open ATP tennis tournament final match in St.Petersburg, Russia on September 24, 2017. (Photo by Sergey Mihailicenko/Anadolu Agency/Getty Images)