ロシアでは最近、バイクのサイドカーに乗ったひょうきんな熊が人々を驚かせている。

バイクのサイドカーに乗った熊

9月20日にNiks Leomenkoという人がYouTubeに投稿したビデオ。

そこに映っているのは、バイクのサイドカーに行儀良く座った大熊だ。ビデオのタイトルは「ロシアの道路にいた熊(Bear in Russian traffic)」となっている。

Niks Ļeoņenko/YouTube

投稿者Leomenkoさんの車が信号待ちで止まると、隣にいたのは熊。

聞こえているロシア語は、Leomenkoさんとバイクの運転者との会話だ。

Niks Ļeoņenko/YouTube

バイクの運転車は、熊のことを自慢している。そしてラッパを取り出し、熊に渡すと、それを受け取った熊は口にくわえて音を出し始める!

Niks Ļeoņenko/YouTube

この熊の素性は?

今年7月にも、ロシアのアルハンゲリスク市やスィクティフカル市でバイクのサイドカーに乗った熊が目撃され、SNSで話題になった。

投稿されたYouTubeビデオには、車のドライバーたちや歩行者に手を振る熊が映っている。

海外メディアが調査したところ、この熊は「Area 29 サーカス」団が所有する熊であると判明。サーカス団がプロモーションの一環として意図的にやっていたのか、あるいは単なるジョークとしてやっていたのかは不明だ。

また、9月20日のビデオに映った熊が、7月に目撃された熊と同じ熊かどうかははっきりしていない。