マドリーと契約更新するマルコス・ジョレンテ

写真拡大

24日日曜日14:00にマルコス・ジョレンテがレアル・マドリードと契約更新し、サンティアゴ・ベルナベウでプレスカンファレンスを行った。

契約更新はアラベスに1-2で勝利した試合で最後20分間プレーした後に訪れており、ジョレンテはこの夏にアラベスからレアル・マドリードに復帰していた。

22歳のマルコス・ジョレンテは自身のキャリアをCDラス・ロサスで始め、ロセーニャ、ラージョ・マハダオンダを経てマドリーに加入している。それ以降、アラベスでの昨シーズンを除いてはずっとマドリーでプレーしてきている。

なお、ジョレンテの家族にはスポーツ界での著名人が多く、父親はマドリーにも在籍したパコ・ジョレンテ、祖父はマドリー黄金世代の一員であったラモン・グロッソ、大叔父はマドリーの伝説的名選手であるフランシスコ・ヘントがいる。