犬と猫の、子どもの時の性格! 強面の猫は、泣き虫だった?

写真拡大 (全3枚)

『さばげぶっ!』や『ねこ色保健室』などの作品で知られる、漫画家の松本ひで吉(@hidekiccan)さん。

Twitterで公開されている、犬と猫との日常を描いた漫画が大人気!

天真爛漫で天使のような性格の犬と、我が道を行くツンデレなお猫様との暮らしが描かれています。

『犬と猫どっちも飼ってると、毎日たのしい』

松本さんは、猫との日常を描いた漫画を新たに投稿しました。

犬と猫の幼いころ

性格は、子どもの時から変わらない人もいれば、大人になるにつれて形成されていく人もいます。

松本さん家の犬と猫は、どうだったのでしょうか。

犬は、子どものころから変わっていないようです。

一方、猫はというと…。

猫は、いまのどっしりと構えた様子からは、想像できないような性格でした!

あの子が、どうしてこんなに眼光の鋭い猫に育ってしまったのでしょうか。

「もし、幼い時の性格のまま成長していたら」と考えてしまいますが…現在の猫だって、可愛いですよね!

松本ひで吉さんの作品はコチラからどうぞ!

松本ひで吉 『犬と猫どっちも飼ってると』シリーズ

講談社の少女漫画誌『なかよし』では、松本ひで吉さんの最新作『ねこ色保健室』が好評連載中!

待望の第1巻は2017年9月13日に発売です。なんと、『犬と猫どっちも飼ってると』シリーズの描きおろしも収録されているので、ぜひご覧になってみてください。

[文・構成/grape編集部]