核施設を視察する金正恩(写真:時事通信フォト)

写真拡大

「国際社会の制裁が増えれば、我々の核開発計画は加速するのみだ」──9月18日、北朝鮮は国連安全保障理事会の追加制裁に対し、そう表明した。

 北朝鮮にとって核は常に外交の切り札となっている。北朝鮮は核を盾に日本を含む5か国に巨額援助要請をしていたとする情報が飛び交っていた。

 それは中国の大手ニュースサイト『中華網』をはじめ複数のネットメディアが今年5月に報じたもので、中朝が昨年8月から核・ミサイル放棄を目的とした秘密交渉を続けているという内容だった。中国事情に詳しいジャーナリストの奥窪優木氏が言う。

「もともとこの記事は香港の反共オピニオン誌『争鳴(ズェンミン)』が初報で、それが数日後にそのまま中国の大手サイトに転載されたことにまず驚きの声が上がりました。中国はネット上のあらゆる情報も政府の“検閲”の対象となります。反中国系メディアの報道であればなおさらで、しかもこのような政府間の裏交渉が記事になることは珍しい」

 記事のタイトルは〈中朝密談? 北朝鮮が1年600億ドルを要求する4条件を提示〉とあり、北朝鮮は「核・ミサイル放棄」の条件として、

〈中国、米国、日本、ロシア、韓国が10年間にわたって年間600億ドル(現在のレートで約6兆6000億円)を無償提供する〉

 などの条件を提示したというものだ。さらに記事は、〈双方の争議は結論を見いだせていない。中国政府が、経済援助は別途の検討事項だと突っぱねたからだ〉と続く。

 反発した北朝鮮はその後、国営メディアを通じて〈わが国が70年以上にわたり反米闘争の第一線にいることが中国の平和と安全を保証しており、中国は感謝の声を発するべき〉などと不満を表明したという。

 つまり、中国が他国を代表して「カネは払わん!」と一蹴したことで交渉は破談に終わった──とされているのだ。

◆中国が記事を消さない理由

 それにしても、毎年6兆円超とは、北朝鮮のGDP(国内総生産)2.8兆円の倍以上の額である。奥窪氏が言う。

「その後、この報道は日本のネットニュースにも和訳が掲載されましたが、それほど話題にはならなかった。しかし、最近の核実験報道を受けて、“北朝鮮が核を放棄する条件が提示されていた”としてにわかに注目を浴びています」

 北朝鮮事情に詳しい『コリア・レポート』編集長・辺真一氏が言う。

「ニュースの真偽は不明ですが、仮に事実だとしても、10年で60兆円以上のカネなんて出せるはずがない。これも金正恩の核を盾にした挑発行為の一つなのかもしれません」

 しかし、検閲が厳しい中国で、『中華網』の記事が現在も削除されずに残っているのは意味深だ。

「中国は“北朝鮮の要求を突っぱねた”としながらも、今後の国連制裁が行き詰まりを見せた際に、この条件を再び俎上に載せ、協議のイニシアチブを取ろうとするという狙いが考えられます。もちろん6兆円超のカネを拠出となれば、日本が払い手の中心となるのは確実です」(前出・奥窪氏)

 もはや北朝鮮が、まともに交渉できる相手ではないのは明白だが、その後見国・中国にも思惑がありそうだ。

※週刊ポスト2017年10月6日号